スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第25話「死神の見る夢は、黒より暗い暗闇か?」

ついにDTBも最終回。
個人的には、絶対に新しい秩序、新しい世界観等々が誕生するに違いないっ!!・・・と予想していただけに、意外に普通なラストで、ちょっと拍子抜け・・・と言うか、深く考え過ぎたかな~・・・的な後味かもっ☆

アンバー&白&宝来&黒

ゲート内中心地までやって来た黒(ヘイ)達。
そこには、デイジェネを繰り返し、幼子の姿となってしまったアンバーが・・・。
最初は反発的だった黒も、EPRの戦う大義を理解し、今はとても穏やかな雰囲気となっていた。

最初は、ただ上から下される命令に従っていた。
だが、ある時を境に変わり始めた。
誰が最初にと言う訳でもなく、少しずつ・・・気付けば互いに“仲間”と呼び合う様になっていた。
そして、黒の妹・白(パイ)も、その内の1人であったのだと言う・・・。

何処の誰が、どんな意図を持って、ゲートを造ったのかは分からない。
しかし、契約者等の取り交わした契約は、“何かの始まり”に過ぎないのだ・・・。

契約者とゲートを完全に消してしまうもの。
“サターンシステム”は、その発動に向け、着々と準備が進められていた。

白はずっと黒の中に在る。
彼女が死んだと、黒が思った“あの時”から・・・。
『電撃』は、白の能力の始まりの部分でしかない。
白の力を解放すれば、誰もゲートに近づく事が出来なくなる。
嘗ての、ヘブンズゲートの様に・・・。
だが、この街の人々&契約者達のためを思えばこそ、黒には力を解放する事が出来ない。

「待って下さい、彼は戸惑っています!!」
そんな未咲の、悲鳴とも思えし主張でさえも聞き入れられず、ついには発動してしまうサターンシステム。
直後は、目も眩む程の強烈な閃光・・・・・

気付けば、幼き少年の日の黒。
仰げば、夜空に浮かぶ満天の星々。
そして、涙を流し、膝を折る。
そこに現るは、妹の白。
「私、本当は気付いてた。お兄ちゃんが、本当は誰も殺したくないって事・・・」
そして、黄(ホァン)、猫(マオ)、ノーベンバー11等々、今はもう亡き人々が続々と・・・。
ノ)「でもまさか、その存在までも、どっち付かずだとは思わなかった。道理で契約者らしくないと思ったがねぇ・・・」
黄)「ただの人間のお前が、契約者の振りなんかするから、話がややこしくなるんだ。どっちか一方が無理なら、両方取れ!!」
猫)「契約者らしく、そして、人間らしく」

・・・ふむふむ、これで黒の正体が判明しましたね☆
彼は、白と言う契約者を内に宿した、歴とした人間だった訳です。
はぁ~、これで黒の契約者らしからぬ思考回路にも合点がいったわい。
しかし、人でありながら、契約者としての特殊能力も使える・・・って、めっさ良いとこ取りやんけ~。
恐らくは“対価”を支払う必要も無いんだろうし・・・。
って事は、何だ、あの大食らいは、黒の嗜好のみによるものだと言う事かΣ(゚Д゚;)??!
えっぇ~、あんなに食らっておいて、何故にそんなスリム体型~~~っ???!

幻影の中、黒と唇を交わす、成人アンバー。
そう、彼女の黒を想う心は、違い無きものだった。
そして、力を使い果たしたアンバーは、ついに帰らぬ人となってしまうのでした。
長椅子にペシャリと残された衣服が、何とも虚し過ぎ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
しかし、この時の、「黒、還って来て!私を独りにしないで!!」と言う、銀(イン)の感情の込もった叫びには、かなり心を打たれるものがありましたよ~ん(*´Д`)ノ

時は、再び繰り返される。
臨界点に達する集束エネルギー。
サターンシステムがいよいよ本格稼働かと思われたその時、あれ??・・・スイッチをポッチしても、何故か無反応だぎゃ~★
コントロールルーム内に及ぶは、例の発光現象。
そして、スクリーンに映し出される≪BK201≫の姿。
サターンシステムに第2射は無かった。
何故なら、システム内の反ゲート粒子が、電撃に伴う特殊粒子放により、完全に変異してしまったから・・・らしい。

計画の失敗を知り、ブチ切れのエリック西島。
が、その途端、突然の銃声を響かせたのは、宝来の拳銃だった!!
わぁぁ、宝来部長が真っ黒だぁぁ~~~っΣ( ̄□ ̄;)!!!
彼自身もまた、『組織』の一員であり、そして、“蜥蜴の尻尾切り”を、未咲の眼前にて遣って退けたのだ。
やっぱりね~。
この人は、最初から悪役顔だと思っていたんだよぅ★
人を見掛けで判断しちゃ~いけまいと信じ、黙認してはいたものの、うむ、やっぱ、人は見掛けで判断出来るものなんだよ!!
その黒革の手袋も、私的偏思考によれば、“黒革手袋=殺人犯”と言う図式が、見事に成り立つ訳でぇ・・・。
の、割には、悪役にもなり切れず、黒に倒され、あっさり捕まっちゃたけどぉ~(´д`;)

その後、契約者の存在は世の人々の知る処となり、近い将来、私達普通の人間にも、“選択の時”は訪れるのであろう。
「そうとも、連れて行ってやっておくれ。落っこちた星様も、流れ行く星様も、皆、皆、そう、そのずっとずっと、ずうっとずうっと先の、誰も見た事の無い未来へ・・・」
星様の予言も、“結論”は遥か未来に持ち越される事を意味しており、こうして一連の事件は、過ぎ去って行くのでした・・・。

しかし、未咲は、やはり、“李くん=BK201”だと言う結論に達していたのですね。
それは、以前目にしたBK201のサイドフェイスと、前回のハニカミデートにより導き出したものだったのだろうか。
何れにしても、未咲、そして黒が、“第3の道”、即ち“契約者と人間の共存の道”を選択してしまった以上、これからも契約者絡みの事件は増加の一途を辿って行くのだろう。
それでも彼等は立ち向かわねばならないのだ。
いつか“選択の時”が訪れる、その日まで・・・。

ふぅむ、結局、“契約者”、そして、“ドール”が何故存在するのか、と言う根本的な理由については、全くの分からず終いではありましたが、それは無理矢理答えを導き出そうとしても、出るものでは無いのでしょう。
何故なら、それは“我々人間が如何にして存在しているのか”、と問うているのと何一つ大差は無いのだから・・・。

総括としては、現実とは異なる、不思議な世界観を持ちながらも、契約者&ドールを含め、人の“内なる感情”に重きを置いた、素晴らしい作品であった様に思います(〃 ̄ー ̄〃)

それでは、『DTB』の記事を読んで下さった皆様、コメント&TB等でお世話になった方々、半年の間、本当にどうもありがとうございました!!

▽初回版特典は、キャラクター原案岩原裕二描き下ろし三方背BOX&ブックレット解説書&小森高博描き下ろしメタリックジャケット付き、大人気TVアニメ『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』のDVD第5弾が登場!!
■DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 5 11/28発売
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 5


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第24話「流星雨」

今回は、数多くの方々が、あの世へと旅立って逝きました。
そして、各所に入る星見様の尊き予言の言葉は、クライマックスに向けての緊張感を、より一層盛り上げてくれました☆

星見様&黄

やはり黄(ホァン)が・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
最初は意味も分からず契約者を毛嫌いし、不細工な面で、何やねん、このオッサン~!!・・・と言う感じでしたが、最後には、本当に良い人としての印象が強く残りました。
やはり、人間はルックスじゃありません。
重要なのは、中身・・・つまり、ハートですよ!!
別れ際、黒(ヘイ)からは禁煙の忠告、銀(イン)からはハグの挨拶と、何だか、えらくVIP待遇な黄さん。
その時の、無表情ながらも哀しそうな銀の表情には、とても強烈な感銘を受け、あぁ、これはもう逝くに違いねぇ・・・と、思ったら、本当に逝っちまいました!!!
腹部から流れ出る大量の鮮血。
何てこったい、既にそんな大怪我を負っていらっしゃったのね~!!
それでも、組織の人間を引き付けんがため、囮となって街道を走り続ける。
そしてラスト、ついに力尽きた黄さんは、愛車と共に大爆発!!!
実に見事な最期でした・・・。

『さぁ、いよいよ始まるねぇ。始まり、始まり、終わりの始まり・・・』
と言う訳で、今回は星見様のレポートと共に、お話を進めて行きたいと思います。

パンドラ機関のシュレーダー博士&西島により語られる、様々な真実。
◎南米時のメシエコード≪BK201≫は、別の女性を示すナンバーであった。
・・・やはり、黒の能力は白(パイ)から受け継がれたものだった!!
◎ヘルズゲートを対消滅させる事により東京エクスプロージョンは回避が可能。
そして、それを実現させるために必要なのが、“サターンシステム”である。

・・・段々話が大きくなって来たゼ!!
◎大黒斑は、発生から45日目に面積を最大とする最終段階を迎え、約30分、その状態を維持する。
その30分の間に、サターンリングで生成加速した反ゲート粒子を、ヘルズゲート中心核に撃ち込めば、ゲートを対消滅させる事が出来る。

・・・何だか、話が難解になりつつあるゼ!!
◎BK201が、東京エクスプロージョンを引き起こせるのも、この30分間に限られている。
・・・へぇ~、そうなんだぁ~。
って事で、要は、この30分を巡って、人類と契約者の戦いが繰り広げられて来たのだ・・・と。

『急いだ急いだ、星様達よ・・・光って泣いて、流れて消えて・・・』
って、おぉっ、天文部のデータがパンドラ機関に筒抜けだぁ~っ!!!
結局、パンドラも警察も、裏では密かに繋がっていたって訳ですかっ。

『キラキラ・・・ピカピカ・・・星様よ、天の波間に煌いて、流れ流され、どこへ行く・・・だぁれも知らない、暗い穴・・・』

黒とウェイのラストデュエル。
感情を持たぬはずの契約者が、“屈辱”と言う名の敗北感を味わった。
・・・自分が勝てぬ事は、当に分かっていた。
それでも黒に挑んだウェイは、やはり非合理的な行動を取ってしまったと言わざるを得ない。
やはり契約者にも、感情は存在するのだ。
最後には黒を好敵手と認めたのか、自らの身体に付着した血液を爆発させて、ゲート内への通路を開いたウェイ。
何だか、敵キャラながら、完全には憎めない存在でした・・・。

ヘルズゲートとヘブンズゲートは表裏一体であり、片方を塞いでしまえば、もう片方も消える。
そして、ゲートが無くなれば、契約者は砂糖の如く、全員溶けて消えてしまうのだと言う・・・。
部長も霧原も、最早パンドラを筆頭とする“組織”の一部として取り込まれており、何と、その中にはBK201の名も・・・!!
って事は何だ、黒は契約者でありながら、人類側の諜報員として、働かされていたと言う訳かいっっ★

ここに来て、雨霧さんのオールヌード登場!!
顔は引き締って格好良いへど、やはり中年体型だわ~ん・・・(´д`;)
しかも、時空移動後にキスをするのが、ブリタの対価だったとは!!!
とことんセクスィーな能力やのぉ~。
彼等の目的はサターンシステムの破壊。
そこに、懐かしの舞ちゃん登場☆
一瞬、誰だか分からなかったゼ!!・・・と言うよりは、完全に存在ごと忘れ切っていたゼぃ!!!
アンバーの働きかけにより、リングの破壊自体は成功。
だが、雨霧は舞の能力により焼死してしまうのでした・・・。
・・・でもねでもね、サターンシステムにはまだ予備の一体があったのよ~ん★

『急いで渡れや三途の川原・・・。されど星様、迷わぬ様に、案内する事、逸れぬ様に・・・』

ゲート内を歩く黒達。
そんな中、パンドラのサーバーに侵入を試みた猫(マオ)。
そして、『大量のドールをリンクさせ、流星の欠片で能力を増幅させるシステムを作れば、ゲートの中心近くまで観測霊を侵入させられる可能性がある』
と言う機密事項を引き出すも、突如、「餌はカリカリじゃないやつの方が好きなんだ・・・。面白かったよ、お前らと一緒に居ると・・・。いつか、オレにそっくりな猫が、お前らを訪ねてったら・・・」と言い残し、その意識は忽然と消滅。
残された黒猫は、本能のまま逃げ去ってしまうのでした。
あぁ、何て突然のお別れ・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)??!

『星の数だけ命は消えて、全て流れていなくなる。どこへ行かれる、流れた星よ・・・、私を置いて行かんでおくれ・・・!!』
『だぁれもいない、暗いお空・・・。大きな大きな穴一つ、ピカリ光って、その先は・・・』
『フッ、フィュ~フッフッフッフッフッ∞・・・、どっちもどっちも、どっちもどっちも・・・!!!』

って、わおっ、星見様が、壊れたあ~~~っっΣ( ̄□ ̄;)!!!!

そして衝撃のラストシーン、黒と銀の前に現れたアンバーは、デイジェネを繰り返し、幼子の様な姿となっていた・・・(゚Д゚;)!!!!!

ぐはぁっ、次回はついに最終回。
何だか、現状の世界は悉く崩壊し、新しい人類、新しい世界、新しい秩序の誕生しそうな予感が、沸々と・・・!!
もう想像もつかない領域へとシフト転換しそうなDTB。
最後の最後まで、気を抜く事が出来ません!!!

▽初回版特典は、キャラクター原案岩原裕二描き下ろし三方背BOX&ブックレット解説書&森高博描き下ろしメタリックジャケット付き、大人気TVアニメ『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』のDVD第4弾が登場!!
■DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4 10/24発売
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第23話「神は天にいまし・・・」

今回は、前後編と言う枠組みも外れ、ついに最終回に向かって全力疾走するお話かと思いきや、意外にゆったりしてました☆

未咲

「彼は・・・、彼は誇りを持って生きて来た人間だと思います。契約者であろうとなかろうと・・・。彼が私に言い残した最後の言葉は、“自分の信じる事を行う”でした」

ノーベンバー11とは何か特別な関係があった訳ではないだろうな、と問われ、“No”と答えた未咲。
うん、確かに2人の間には、仕事上の関係以外、何も無かった。
しかしながら、彼が最後に未咲に伝えた言葉。
そして、彼の死亡現場に花を手向ける未咲。
その想いは、最後の最後まで表面上に出る事は無かったが、しかしながら、互いに何かしら惹かれ合うものを感じていたに違い無い。
あ~ぁ、ノーベンバー×未咲だったら、さぞやナイスカップルだったろうに~(*´Д`)
途中で寸断されし想いの、何と儚き事か・・・。

南米時代、“黒の死神”と恐れられていた黒(ヘイ)。
だが、その頃の彼は契約者でも何でもなかった。
本当に恐れられていた契約者は、白(パイ)と呼ばれた黒の妹だった・・・。
大量の死体が浮かぶ湖面。
その中心に立つは、紛う事無き白の後ろ姿。
彼女の契約者としての能力。
それは水を通して大量殺人を行える事から判断しても、“電撃”に違い無い。
そして、彼女の契約者としての対価。
それはアンバーの発言から察するに、兄の傍で眠る事・・・??

捜査権限が手中から離れ、内心ストレス溜まりまくりの未咲。
そして、街中で“李くん”こと黒を見つけた彼女は、そのまま強引にディナーデートへと突入!!
BK201と李くんは似ている気がする。
未咲の勘は大当たりだ。
しかし、その人物の纏う雰囲気が余りも違い過ぎるため、なかなか同一人物だと言う結論に辿り着かない。
それにしても、「・・・そのまま動くな。後ろの席からあんたを狙ってる」と、マジ顔の黒が言うも、大笑いで返されちまう辺りが何とも可愛らしい♪
頬っぺに御飯粒付いてるし(´▽`;)

その後は、キコちゃんから“年増”呼ばわりされてしまう未咲さん。
バッティングセンターで空振り三振(?)の黒。
そして、街中に流れる噂“昔の星”について語り合う2人・・・。
「迷った時は、自分の直感を信じて動けば良いんじゃないですか」
別れ際に、黒が未咲に語った言葉・・・。
ノーベンバーと重なるその文句にハッとする未咲。
それは合理的な判断を下す、契約者なれではの答えだったのかもしれない。
しかし、未咲の心には、何かしら温かいものとして捉えられた様な気がします。

妹が死んで“ホッとしたのかもしれない”と語る黒。
能力を使い、深い眠りに落ちた白の首に、そっと手を掛ける黒。
そして彼の瞳には一筋の涙・・・。
もしかしなくても、白は実の兄によって殺害されようとしていた・・・??
そして、能力は加害者である黒に乗り移った・・・。
否、しかしながら、黒自身の口から“ヘブンズゲートで白が消えた”と語られている以上、それは有り得ないか・・・。

ラスト、組織に切り捨てられ、逃走を試みる黒チーム。
が、Gを操る契約者の出現に大ピンチ!!!
しかし、その危機を救ったのは、これまた意外、ウェイでないの~!!
東京消失計画を練り、ゲート内にて黒を待つらしきアンバー。
うぅむ、今回のお話が“嵐の前の静けさ”的なものだとすれば、次週は・・・??!
『さぁさ、いよいよ終わりの始まり・・・。何にも見えない霧の中、何が見えるか、お楽しみ・・・』
って、星見様の次回予告が不気味過ぎる~っっΣ(゚Д゚;)!!

▽初回版特典は、キャラクター原案岩原裕二描き下ろし三方背BOX&ブックレット解説書&森高博描き下ろしメタリックジャケット付き、大人気TVアニメ『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』のDVD第4弾が登場!!
■DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4 10/24発売
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第22話「粛正の街は涙に濡れて・・・後編」

あう~っ、まさかの衝撃的結末!!
マイラヴリーキャラ、ノーベンバー11がぁぁぁっ。゜(゚´Д`゚)゜。

ノーベンバー

その、いつもとは対照的なダークスーツは、喪服だったんですかっ?!
もし、ダ-クスーツを用意させたのが、ノーベンバーの未来を見越したアンバーだったら、あなたもう、それギャグになってないってばよ★

アバン、時空転移した直後のノーベンバー11は、当然素っ裸
すみません、鼻血噴いても良いですか?!
その辺りが簡略化されていないのは、流石DARKERクオリティ、期待通りのシーンに、私の胸は高鳴るばかり(*´д`*)ノ
しかし、裸体ノーベンバーを発見した直後の、猫(マオ)のリアクションには、めっさ笑えました♪

契約者4名&1匹を含む、シュレーダー博士との会話。
彼の研究は極めて単純なものだった。
実験が成功すれば、契約者は全てこの星から消える。
“流星の欠片”に代わるものを手に入れたらしき博士。
南米ヘブンズゲートの時は、実験は失敗に終わった。
その原因は、実験直前の奇妙な発光現象のよるものだと言う。
そして、ゲートの周囲1500kmは、あらゆる物理的アプローチを一切拒絶する不可侵領域となってしまった。
だが理論上、現在もヘブンズゲートは存在すると推測されるも、我々には手も足も出ないものとなってしまった・・・。

「あなたは、ここを出た後、死ぬよ」
それはアンバーがノーベンバーに告げし、予言の言葉。
この時点では、あぁ、ノーベンバーが逝ってしまうのか・・・と、軽く認識しつつも、まだ“もしかしたら”と言う微々たる期待はあった。
しかしながら、アンバー程の預言者の言葉は確実に的中する☆☆☆

MI6のリケードと対面するノーベンバーは、“組織の目的を悟ってしまった”と語る。
そして、リケードはこう返す。
「君にだけは知られたくなかった。君達契約者に訪れる、最期の瞬間まで・・・。残念だ」
その後の激しきラストバトルは、双方共に致命的な傷を負う結果となった。
煙草を銜えながら、歩道に倒れ込むノーベンバー。
そして、流れ出た鮮血は煙草の火と同時に、彼の命の炎をも消し去った・・・。
あうぅっ、ノーベンバーぁぁぁ~。・゚・(ノД`)・゚・。

“契約者は合理的な生き物だ。
死ぬと分かっていて飛び込んで来る様な馬鹿な奴はいない”

だが、心優しき契約者・黒(ヘイ)は、やって来た。
猫を救う、ただその目的達成のためだけに。
仮面の左眼部分を粉砕されつつも戦う黒が、やけに格好良い(*´Д`)

博士の話していた奇妙な発光現象。
それは黒の能力によるものだった。
おぉっ、アンバーのウエストポシェットが何か、光ってますゼ??!
だが、妹・白(パイ)の幻聴に敏感に反応した黒は、その場に項垂れてしまう・・・。

組織の目的、それは全ての契約者をこの世から消し去る事だった。
そして、アンバー達の行動は、それに抗う姿勢から生まれしもの。
しかし、彼女等がドールを何体も収集しているのには、どんな意味があるのだろう・・・。
未だ謎は深いままですが、次回予告には、再度大人っぽいアンバーの映像が!!
しかも、“前編”と言う枠切りも無い??!
一体どんな展開になるのか、不安ながらもドキワクしてしまうわ~ん(≧▽≦)

▽初回特典はキャラクター原案岩原裕二描き下ろし三方背BOX&全40P解説書付き、第6話~第8話までが収録された『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』のDVD第3弾が登場!!
■DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 3 9/26発売
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 3


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。