FC2ブログ

BLOOD+ 第47話「全ての血を超えて」

ついにソロモンが逝ってしまいました。
しかも、予想していたより、かなり淡白に・・・。

ソロモン

ジェームズに襲われた小夜を救うべく、貧血でフラフラの身であるにもかかわらず、颯爽と現れたソロモン。
「たとえ報われなくても、ボクは小夜のシュヴァリエになる。血を超えて・・・ボクは血よりも、甘く香しいものを見つけたから・・・今この時より、ボクはあなたのシュヴァリエです。」
・・・と、ここまでは格好良かったのですが、ジェームズを締め上げ、その手からこぼれ落ちた小夜の日本刀が彼の身を斬り裂き・・・。
結局は小夜の血が原因で結晶化してしまったソロモン。
サブタイに反する“血を超えられなかった”っぽい逝き方が、マジで悲しすぎるんですけど~・・・。
理想としては、小夜を守ってジェームズと相打ちになり、小夜の目の前で壮絶な死をむかえる・・・とか、そんな感じの方が感動はできたかな?!
あんな寂しい路地裏で、ひっそり逝くとは思いもしませんでした。
しかも、看取ったのはアンシェルで。。。
結局、ソロモンの事を兄弟の一員として一番に想っていたのは、アンシェルただ独りだったのかもしれません。
彼の、「バカ者が・・・」という一言は、かなり重い言葉のように感じられました。

一方、ジェームズはソーンによって自滅。

ラストジェームズ

シフの肉体で甦った者には、シフと同様の死が訪れた訳で・・・。
シフとソーンの切っても切り離せない関係。。。
ルルゥの行く末が、とても心配です。

今回でディーヴァのシュヴァリエは残りの2人、アンシェルとネイサンのみになってしまいました。
ソロモンは小夜への愛、ジェームズはママへの愛に殉じた訳で・・・。
あ、小夜とソロモンの関係を、サロメとヨカナーンの物語に例えたジェームズのセンスは、なかなか良かったですね♪

そして、ネイサン。
「オレに命令するな。アンシェル、お前はディーヴァを実験体としか見ていない。ま、私達全員がどうディーヴァを見ているか、バラバラだけどねっ」
・・・と、長兄にまで牙を剥きつつある怖ぇ末弟に変貌してきてます。
ラストは、小夜はディーヴァと、ネイサンはアンシェルと相打ちに・・・な~んて展開もあり?!
ついに次週からは、最終決戦に突入するっぽいので、もう一瞬たりとも目が離せません☆

▽メタリックジャケット仕様&ビジュアルブックレッ付、ト第35話~第38話収録の『BLOOD+』のDVD第10弾が登場!!
■BLOOD+(10) 9/27発売
BLOOD+(10)


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト



Template Designed by DW99