FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第5話「故国燃ゆ」

今回は、沙慈にとって、まさに踏んだり蹴ったりなお話。
そして、あの紅き悪魔がついに再臨かよぉ~・・・みたいな(´д`;)

ガンダムOO第05話

アバンでは、イノベーターの新たなるお仲間が登場。
その名も、リバイブ・リバイバル
って、何だよ、そのややこしい名前~。
しかし、リジェネ・ジェレッタ(こいつも、ややこしい)とは、余り仲が宜しくない様子。

ルブアルハリ砂漠にある反政府組織、カタロンの本拠地。
そこを訪れたCBの面々は、マリナ姫の引き渡しを執行する。
そして、ついでに置いていかれそうになった沙慈は、突然の展開に驚きの表情Σ(゚Д゚;)

Mr.ブシドーは、司令部より独自行動の免許(?)を与えられているらしい。
「詰まりはワンマンアーミー。たった独りの軍隊なのだよ・・・」
って、何だか格好良く言ってるつもりかもしれんが、全然格好良く感じないのは何故~??!

ガンダム探索に駆り出され中のセルゲイ大佐。
地球連合軍のペイルブルーの制服が、清々しい感じでよく似合ってる♪
ソーマとの“あの件”と言うのは、やはり養子のお話でした。
しかも、その返事はOK!!
最近、より人間らしくなって来た、彼女ならではの返答と言えよう・・・。

カタロンメンバーから借りた車で砂漠越えを試みた沙慈ですが、その道中、呆気無く連邦政府に捕まってしまいました(おい)。
しかも、それはセルゲイ大佐の艦だったり。
手荒な部下とは打って変わって、とても紳士的な対応のセルゲイ(*´Д`)ノ
そして、自身が戦士では無い事をも見破られると、流石の沙慈も、言ってはならねぇ事を暴露しちまうのでした。

息子のアンドレイが、父であるセルゲイを嫌う理由。
それは、嘗てセルゲイが、妻を見殺しにしたためでした。
その詳細は、今の段階ではよく分かりませんが、昔は名を馳せた豪傑には有り勝ちなパターンだよね~(汗)

部下の無許可チクリンにより、アロウズに本拠地を襲撃されてしまうカタロン。
それも、タチコマもどき、もとい、軍用オートマトンを“キルモード”で使用しての残虐な方法で・・・。
女、子供に関わらず、皆殺しにされ行くカタロン所属の構成員達。
その悲惨極まる有り様には、攻撃側のアロウズメンバーにさえ、目を背ける者も・・・。

遠方に去り行く戦艦と立ち昇る黒煙を前に、ガックリと膝を落とす沙慈。
この惨状は、自分がカタロンの場所を話してしまったがために引き起こされた・・・。
「う・・・ウソだぁぁぁ~・・・!!!」
ってな訳で、次回以降は、沙慈もCBに積極的な協力姿勢を見せる事となるのでしょうね。

で、ラストはアザディスタンに向かったマリナと刹那。
そこには予想もせぬ光景が広がっており・・・。
暗闇に濛々と立ちこめる赤き炎。
街が・・・街全体が、業火の海に沈んでいる・・・。
それは、まさに今、上空に浮かぶ紅きガンダムの為した業。
そう、パイロットは勿論、あの男だ。
ある意味、人間の枠を超えた存在・・・刹那の仇敵である紅き悪魔、アリー・アル・サーシェス!!

ふっふっふ・・・、彼の登場によって、次回からは、更にハイテンションなストーリーが楽しめそうやね。
めっさ期待しまくりですわ~(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト



Template Designed by DW99