FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第9話「拭えぬ過去」

ついにアロウズのマネキン大佐とソレスタルビーイングのスメラギさんが、互いの存在を確信してしまった今回。
サブタイの“拭えぬ過去”とは、刹那の件かと思いきや、実は彼女等(主にスメラギさん)の事を指していたのですね~。

先週ラストから気になっていたスローネ発展型を駆るサーシェスとの戦闘は、アレルヤ達が駆け付けた事も相俟って、極簡単なものとなってしまいました。
以前の戦いで、身体の半分が“消し炭”となってしまったらしきサーシェス。
流石の彼も、あの激しき戦いにおいて、全くの無傷では済まなかった様で・・・。
「再生治療のツケを払え~~~っ!!」
って、そこ~??!・・・みたいな(汗)
(つ・ω・)つワケ ⊂(・ω・⊂)ワカ ∩(・ω・)∩ラン♪

しかし、セラヴィーって脚から“隠し腕”が出て来たり、背面にどデカい顔があったりと、まだまだ隠されたギミックが潜んでいそうですな~。

一方、ツインドライヴを装備したダブルオーであっても遠く及ばないであろう、アロウズの新型MS“ガデッサ”の能力も気になるところ。
しかも、パイロットはイノベーターの1人であるリヴァイヴ・リバイバルだっちゅ~から、更に好奇心も湧きまくりですわいヽ(´∀`。)ノ・゚

ルイスの発作は、精神的ダメージによるものではなく、毒性を持つGN粒子を浴びた事による細胞障害だったみたい。
両親は殺され、自らの身体にも欠陥を負わされ・・・、もう踏んだり蹴ったりな感じやね~。
多額の資産を擲ってまでガンダムを倒したいと思う気持ち、すごくよく分かりますわ・・・(A;;´Д`)ゞ

リヴァイヴも乙女座の人同様、“ライセンス”を所持しているらしい。
何だか色々、特例の多い部隊やね~。
しかしながら、リヴァイヴのものはワンマンアーミーならざる何か・・・。
恐らくは、イノベーターの特性を生かしたものなのだろうけど・・・(´・ω・`)

あ・・・そう言えば、ビリーが製作中の、Mr.ブシドーの新型機ってのも楽しみだわ~♪
一体、どんな甲冑(モビル)スーツが出来上がるんだか・・・。

トランザム解放にて、宙へと上昇を試みるトレミー。
それにしても、ハロが「あ~~~っ」って転がって行く様子には、めっさ笑えてしまいました☆
魚雷爆発の力を利用し、一気にスピードを増すトレミー。
だが、その進行軌道はガデッサの粒子砲により変更、挙句の果ては、待ち伏せの敵戦艦から砲撃の嵐を浴びる破目に!!
が、それも大気圏突破後に緊急発進していたダブルオーにより撃退。
まさに読みが読みの先を行く、優れた戦術予報士同士ならではの、息を飲む戦闘シーンであった様に思います。

敵MSからのメッセージにはこう書かれていた。
“ソレスタルビーイングのリーサ(?)・九条の戦術に敬意を表する。独立治安維持部隊大佐カティ・マネキン”
これにより、マネキンとスメラギは互いの存在を、改めて認識し合う事となる。
そしてスメラギは、ただただ暗く項垂れるばかり・・・。
“逃げられないのね、私は・・・。あの忌まわしい過去から・・・拭えない過去から・・・”(lll´Д`lll)

さて、次回は・・・。
“死を考える事で生を実感する。ならば過ちが無いと、人は正しき道を選べないのか”
そして、サブタイは「天の光」←核爆弾みたいなものの比喩?!
ついにオーライザーも実戦に投入されそうやし、新たな新展開が見られるのかもしれませんね~└|●´ω`●|┘

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト



Template Designed by DW99