FC2ブログ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第21話「革新の扉」

今回はもうすぐクライマックスと言う事もあって、人が次から次へと逝ってしまいました。
それにしても、まさか“あの子”までもがねぇ~。
ちょっとビックリ・・・。

刹那に銃を向けたライルには、少しヒヤッとしてしまいましたが、流石に発砲すると言う行為には至らず・・・。
まだまだライルの中には、アニューへの想いが根強く潜んでいるみたい。

CBに緊急暗号通信を送っていた留美。
建設途中のコロニー“エクリプス”へとやって来た彼女は、自らの兄・紅龍を罵倒する。
留美が王家の頭首となったのは、彼女の意思によるものでなく、兄にその器が無いためでした。
うぅ~む、そうだったのか・・・。
まぁ確かに優柔不断な感じはするからねぇ~。
命令されれば着実に動く。
でも、自らの意思でアクションを起こす事は出来ない・・・みたいな??
まぁ、男性としては、それでは少々情けないかもね~。

留美の願いは、兄の犠牲となって歪められた人生を改め、自分だけの未来を手に入れる事。
そのために“世界の変革”を望んでいるのだ。

突如その場に現れ、留美に拳銃を放つネーナ。
・・・が、それは傍に付き添っていた紅龍によって全弾防がれた。
何と、自らの身体を盾にして・・・!!
え~と、結局全部で8発かにゃ・・・??!
思わず数えちまっただよ~★
でも、最期は妹に兄らしい死に様を見せられて、ある意味、本当に良かったと思ってしまいました(汗)

しかし、ネーナと組んでいたのはリジェネでしたか。
この前、リボンズに引っ叩かれて、もう諦めたのかと思っていたけど・・・。
意外に執念深かったのねっ♪

刹那に真剣勝負を申し込むブシドー。
ほぅ、久し振りに見たぞ、仮面を取った素顔・・・。
やっぱ傷は隠せなくとも、素顔の方が何倍も格好良いゼ!!
「最早、愛を超え、憎しみも超越し、宿命となった!!」
・・・と、言ってる事が独りでヒートアップしちゃってる点は、相変わらずやけど~。

刹那にヴェーダの情報を渡し終えた留美は、CBと合流する事を拒み、単身小型艇にて脱出。
怪我してるかと思いきや、以外にタフな奴・・・。
な~んて思っていたら、ソッコーでネーナに爆撃されちゃいました。
これはもう、流石に生きてないよね~。

宇宙に響き渡るネーナの高笑い。
が、そのネーナまでもが逝ってしまうとは、予想もしてませんでしたが・・・。
彼女を裁いた者。
それは、アリー・アル・サーシェスではなく、まさかのルイス・ハレヴィ准尉で・・・!!
そっか~、そうなんだよね~。
ルイスの両親その他を殺戮せしめたのはネーナだったんだよね~。
ここに来て、この因縁に集結の刻が訪れようとは、全く以て、想像もしていませんでしたよ・・・。
素晴らしき脚本ですなっ☆☆☆

引き続き行われていた刹那VSブシドーの闘い。
そんな最中、両者の機体が同時にトランザム化!!
すると、来た、来た、来た~~~っ(裸同士の語らいが)!!!
グラハムの傷跡は、顔部だけでなく、胸部にまで及んでいたのねっ(〃>艸<〃)
じゃあなくてぇ~(汗)、GN粒子が集中する場所では、人類がイノベイター化するってぇ??!
まだまだイノベイターについての謎は深い様で、ラストまであと数回なのに大丈夫なんかっ?!
と言う不安も抱えつつぅ~、取り敢えず、次週も楽しみでっす(●´∀`●)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト



Template Designed by DW99