スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの仮面 第49話「魂の半身」

病に倒れ、昏睡状態の月影。
その間、脳裏に見たものは自身の過去の姿。

コソドロを働く天災孤児の千草。
そんな中、救いの手を差しのべてくれたのが、月光座の座付き作家、尾崎一蓮。
一蓮の書いた様々な役を演じる千草。
千草の中で高まる一蓮への恋心。
しかし、一蓮には家族がいて。。。
ところで、月影千草ってのは芸名だったんですね~。
てっきり本名なんだと思っていました。

火事によって失踪してしまった一蓮。
千草は一蓮を捜しに「梅の里」へと向かう。
・・・紅天女の役を演じる事になった千草。
紅天女役の練習の中には、やはり「火」の課題があって、『八百屋お七』を演じる千草の姿がとても印象的でした。

千草

一蓮への叶わぬ恋に泣く千草が何ともかわいそうです。。。

月光座に現れた速水英介。
利益主義の英介は一蓮と激しい衝突を繰り返し、その結果、一連は劇団を去る事に。。。
紅天女を自分のものにしようと躍起になる英介。
精神的苦痛を与えられ続けた一蓮は病に倒れ、妻や子供も離れて行ってしまいました。
その後、一蓮と千草は互いに愛し合いハッピーエンド?!
・・・な~んて思っていたら、一連は自ら命を絶ってしまう。。。
ショックを受けた千草は役に没頭する事で悲しみを乗り越える。
だがある日、紅天女を演じる千草めがけて舞台照明が落下し・・・!!
・・・そして、夢から覚める千草。
何とか体調を取り戻したようで、とりあえず一安心です。

さっそく始まる紅天女の練習。
マヤの演技には息をのむばかり。
紅天女になったマヤの体はピクリとも動かない。
「ここは聖なる地、この梅の木は我が姿。おぉぉ~、我が力は螺旋となりて天へ昇り、地のものを育てゆく。水のものを育てゆく。おぉぉぉ~、紅千年の命の花を咲かそうぞ・・・!!」
・・・放心状態のマヤ。
驚きの表情を隠せない千草。
・・・そして、マヤの天性の才能に打ちひしがれる亜弓。。。

翌朝、負けを悟った亜弓は梅の里を去ろうとする。
しかし、橋が腐っており渡れないと聞いた亜弓は引き返す事に。。。
だが、偶然そこに現れたのはマヤだった。
橋が腐っている事を知らないマヤは、平然と足を踏み入れ・・・。
マヤを引き止めようとしない亜弓。
『マヤが落ちて大怪我すれば、紅天女は自分のもの・・・』
亜弓の中で渦巻くドス黒い感情。
あぁ~、マヤが危ない・・・いったいどうなってしまうんでしょうか?!!

▽第25話~第28話まで収録、オリジナルポストカード&ピクチャーレーベル仕様で『ガラスの仮面』のDVD第7弾が登場!!
■ガラスの仮面 第七幕 3/24発売
ガラスの仮面 第七幕


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング(赤)

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/113-9be05a5a

ガラスの仮面 第49話
「魂の半身」今回は前半が月影先生の過去、後半が亜弓さんのマヤに対する嫉妬がメインでした。まず、月影先生の過去。まだ幼い少女だった月影先生は両親がおらず、窃盗などし
ガラスの仮面 第49話
サブタイトル「魂の半身」  今回のエピソードは、原作コミックでは”第38巻”の内容です。  今明かされる月影千草の悲恋の過去。  亜弓はマヤから、決定的な資質の違いを見せつけられ...    ガラスの仮面 (第38巻)  以下詳細  ***********

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。