スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天保異聞 妖奇士 第7話「竜は雲に」

さて、今回でアトル&雪輪編も、ついに終わりの時を迎えました。

アトル

・・・で、アトルの行き着いた先が『吉原』って、ちょっと酷くない?!・・・と思ったら、預かりものに客を取らせるような真似はしないという事で、ちょっとホッとしました。

ところで、OP後にCMが来なかったのには、かなり驚きました。
CMが少ないのは結構な事ですが、いつもと違うと、かなり不思議な印象を受けてしまいます。
アトル&雪輪編最終話の“気合い”的な表現と受け取れば良いのかな??

ケツアルの背にまたがり、漢神を取り出そうとする往ちゃん。
しかし、さすがは異国の神、各所で付けられた名前が多すぎて、漢神を上手く取り出す事ができません。
ケツアルから落下した往ちゃんは、脊髄を損傷したかと思えるくらいの衝撃で、自身の背を地面に強く打ち付ける。。。

自分から漢神を抜くよう主張する雲七。
しかし、心の優しい往ちゃんは、漢神を抜いた妖夷は消滅するかもしれないという理由から、その申し出を拒否。
しかし雲七は、“自分は七次ではなく、異界の力を借りて往ちゃんが作り出した雲七なのだ”・・・と語る。。。

ケツアルは、アトルが異界の力を借りて作り出した存在。
言わば、雲七とケツアルは似たもの同士だった訳です。
そして、往ちゃんとアトルの会話。
「誰でも罪を犯す。あいつも、どいつも、こいつも。だけど、それでも明日にゃまた、生きていかなきゃならない。罪の償いをして、はいそれで負け、そんな芝居みたいな事は、この世にはないんだ」
・・・って、さすが誕生後39年目のオヤジ、良い事言うねぇ・・・。
ちょっぴり感動しちゃったよ(*´д`)

雲七から取り出された漢神はケツアルと同化。
本物の竜のごとき姿となったケツアルは、天空の彼方へ消え去って行きました。
あぁ、これでついに雲七も・・・・・
と、思ったら、元の姿に戻った雪輪の中から、雲七の声がするじゃないの~っΣ( ̄□ ̄;)!!!
これには、マジでビビリました。
これにて、人語を解す名馬の誕生という訳です!!
ディープインパクトもビックリ?!
・・・という事で、往ちゃんはこれからも自分の罪を背負った形で生きて行く事になりそうです。

さて、次回からは新展開。
何だか、宰蔵&狐(?)がメインのようですが・・・。
どんなお話なのか、とても楽しみです☆

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/263-6fa562b3

妖奇士: 説七
天保異聞 妖奇士 説七 「竜は雲に」まずは,江戸元閥氏とスタッフにお詫びを。
天保異聞妖奇士 説七『竜は雲に』感想
これまた1回とばしてしまったので、話についていけるかどうか不安を抱きつつ。。。(なんでも前回アトルに竜にとすごいことになっていたらしいですね!)
天保異聞妖奇士 説七 「竜は雲に」
往壓の性格、めっちゃ気に入りましたぁ~☆色々と上手いよね、流石39歳。テーマソングはトラブルメイカー♪主人公のクセに私のハートをがっちし掴んでおります。先週は視聴率を真面目に心配しましたが、なんだなんだ面白いじゃないかぁ♪途中、最終回でも見てるような
天保異聞 妖奇士 第07話 説七 「竜は雲に」
天保異聞 妖奇士  現時点での評価:3.0  [アヤカシ]  TBS / MBS 土 / 18:00  原作 : 會川昇・BONES  監督 : 錦織博  キャラデザ : 川元利浩  アニメ制作 : BONES   http://www.ayakashiayashi.com/ 時は天保14年(1843年)、黒船....
天保異聞 妖奇士 第07話 説七 「竜は雲に」
天保異聞 妖奇士  現時点での評価:3.0  [アヤカシ]  TBS / MBS 土 / 18:00  原作 : 會川昇・BONES  監督 : 錦織博  キャラデザ : 川元利浩  アニメ制作 : BONES   http://www.ayakashiayashi.com/ 時は天保14年(1843年)、黒船....
天保異聞 妖奇士 第7話「竜は雲に」
4話から続いた話も今回で決着。 アトルは吉原へ。 やっぱ正装するとめちゃかわいいです
天保異聞 妖奇士 説七「竜は雲に」
ちょw雲七予想外展開だったよwww
説七 竜は雲に
説七 ケータイ待ちうけ『このあとすぐ 天保異聞 妖奇士!』とかやめてくれないかな;;。かなり幼稚っぽいイメージがつくんですが・・・。それにオープニングムービーの『今日の見どころ』的な挿入もやめてくれないかな;。幼稚っぽいイメージがつくんですが・・・。あとは
天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 説七(しちのはなし)『竜は雲に』
説七(しちのはなし)『竜は雲に』
天保異聞妖奇士7話「竜は雲に」
ここ数回は見るのが辛かった天保異聞妖奇士ですが、今回は話もまとまったし、結構いい落ち着き方したのではないかな。ま、ようやく雲七の件も片付いたし、落ちは『雪輪』でしたけど、とりあえずもう許せる範囲だったからよしとしました。ってか納得できない事項が先週まで..
天保異聞妖奇士説七
説七「竜は雲に」妖を退治するという条件で奉行所をでた奇士たち。
天保異聞妖奇士 説七『竜は雲に』簡易感想
第7話である。とはいえ、話の詳細は他のブログで散々語られていると思うので省略である。私はただ心に残った部分を適当に書き綴るだけである。今回、OP後の提供読みのあと、即、本編が始まるという離れ業をやってのけたわけだ。だから何といわれても困るわけだが…...
天保異聞妖奇士 説七~七話だけに雲七大活躍☆~
今回はネット喫茶よりお送りします秊 見所はたくさんありますが、アトルの可愛さに多分視聴者大半がノックアウトされたのではないか、と。意外に萌え要素の高い作品だったのですね(失礼) 今回は晴れ晴れとしたよい終わり方で好感がもてました!も
天保異聞妖奇士 説七「竜は雲に」
天保異聞妖奇士の第7話を見ました。説七 竜は雲に「もう一度俺が奴と、妖夷と戦う。妖夷が現れる時、人の想いが必ず関わる。だったら、その人を殺せば妖夷はなくなるのか!?身分や貧困や偏見も人が作ったものだ。なら、それも人を殺せばなくなるのか!?俺たちの役目は、人...
天保異聞 妖奇士 説七「竜は雲に」
今回で雲七の話は一区切り。ドロロ風に言うと、雨降って地固まる。夜はなべてこともなし…みたいな感じですかね。雲七は七次と同一人物ではなく、往壓が作り出した雲七という存在だったんですね。どうりで穏やかなはずです。そしてケツアルもアトルが作り出した存在だっ....
今週の天保異聞 妖奇士 「説七 竜は雲に」
雲七、雪輪編ラスト(?)やはり大きな題材が2つも入っているだけに濃密。江戸という時代についてもよく描かれていると思います。
天保異聞妖奇士 第説七「竜は雲に」レビュー
いや~、どうなることやらと思ったら3話使ってうまくまとまりましたね。でも雲七もコレで見納めなんでしょうか?ちょっと残念。Winding Road
天保異聞 妖奇士 第7話「竜は雲に」
説七 「竜は雲に」  俺はただの浮民。それを忘れないだけだ――。  居場所を探しつづけた少女と、罪を背負い生きる道を探してきた男。どこにいても異なる者だったものたち… アトルのエピソード終章です。
天保異聞妖奇士#07真相は雲の中(ノ∀`)
あの鈴つけた可愛い女の子、アトルだったのですね。吉原の禿(かむろ)って奴ですね。うやむやと言えば、うやむや・・ホント、全部雲の中ですよ。かすんじゃって何が何やら・・深追いしないのが、粋ってもんですかね。説七『竜は雲に』鳥居さんたちは相変わらず悪相です。..
「天保異聞妖奇士」第7話
説七「竜は雲に」怒り昂ぶる雪輪を鎮めるため、立ち向かう奇士たち。往壓は雪輪から漢神を取り出そうとするが、その名が見つからない。雪輪の放つ冷気に、なす術のない往壓。その苦境に、雲七は自分の体から漢神を取り出すよう往壓に言うのだった。だが、漢神を取り出せば..
天保異聞妖奇士説七竜は雲に
「妖夷と化した雪輪を沈める為に、アトルを生贄にさせない為に戦う…」「元は旗本の御曹司、今は落ちに落ちた主人公…竜導往壓、39歳が漢神の力、漢字を武器に戦う天保異聞妖奇士」「第7話竜は雲に」「今回はアバンなしの即オープニング後に話が始まりました」「CMなしだ...
妖奇士・第7話
「竜は雲に」 アトルを助けるべく、妖夷との再戦を訴える往壓。雨の振りしきる中、往
妖奇士・第7話
「竜は雲に」 アトルを助けるべく、妖夷との再戦を訴える往壓。雨の振りしきる中、往
天保異聞 妖奇士 説七(しちのはなし) 『竜は雲に 雲七は馬に』
今回も、WEB拍手コメントにレスしつつ、感想を。
今週のコードギアス&妖奇士
 「コーネリアを討て」ですか。そんなに早く討っちゃってどうすんのと思ったら見事に失敗。 つーかあれだけの指揮官ならあそこで即座に「撃て」と命じるでしょうに。もしくは引きずり出せとか。仮にコーネリア本人が気付かなくとも部下の騎士の人は見ている訳ですし、コ..
天保異聞 妖奇士 第7話
サブタイトル「竜は雲に」  往壓は妖夷となった雪輪から漢神を取り出そうとするがうまく行かない。  その時、雲七があることを申し出るが...
天保異聞 妖奇士 第7話
説七 「竜は雲に」 往壓の言葉に奇士たちが一致団結しましたね~。放三郎も覚悟を決
天保異聞 妖奇士 #7
『竜は雲に』
天保異聞 妖奇士 説七『竜は雲に』
怒り昂ぶる雪輪を鎮めるため、立ち向かう奇士たち。往壓は雪輪から漢神を取り出そうと
天保異聞 妖奇士 第7話
雲七の正体を完全に理解した竜導。そして、今回の妖夷を倒す為に自分の中から漢神を取り出して使うように雲七は竜導を導こうとする。へたれ竜導は、そんなこと・・・出来るはずもなく躊躇う。まぁ、結局 雲七の中から漢神
天保異聞 妖奇士 第7話 竜は雲に
一番気になるのは往壓たちが今後どういう戦いをするかというよりも アトルが今後も出るのかどうかってことだ!! なんとなーくもうご退場風味っぽいんですけど・・・。 正直それだとこのアニメの楽しみの4割は削られたことになるなぁ(何
(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第7話 「竜は雲に」
Winding Road/ポルノグラフィティ「もう一度ヤツと・・・妖夷とオレが戦う・・・」、荒ぶるケツァルコアトルを鎮めるため立ち向かうことを決意する奇士達。往壓はケツァルコアトルから漢神を引き出そうとしますが、失敗。ケツァルコアトルの怒りは、いまだ静まらず、な...
(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第7話 「竜は雲に」
Winding Road/ポルノグラフィティ「もう一度ヤツと・・・妖夷とオレが戦う・・・」、荒ぶるケツァルコアトルを鎮めるため立ち向かうことを決意する奇士達。往壓はケツァルコアトルから漢神を引き出そうとしますが、失敗。ケツァルコアトルの怒りは、いまだ静まらず、な...
「天保異聞妖奇士」第7話
説七「竜は雲に」怒り昂ぶる雪輪を鎮めるため、立ち向かう奇士たち。往壓は雪輪から漢神を取り出そうとするが、その名が見つからない。雪輪の放つ冷気に、なす術のない往壓。その苦境に、雲七は自分の体から漢神を取り出すよう往壓に言うのだった。だが、漢神を取り出せば..
TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説七「竜は雲に」
前回から、きっと盛り上ってきたと思う妖奇士ですが。wwアトルちゃんを生贄にしようとする、怖い顔の人たち。それを止めて、別の方法を探そうとする往壓。うーん、そんな感じのあらすじだったかと思うん
「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 
説七「竜は雲にノル」 さらば雲七!
「天保異聞 妖奇士」説七「竜は雲に」
「 余計なことを思い出しちまいましたね 」殺しを忘れるほうがどうかしてるんじゃ?(--;

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。