スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天保異聞 妖奇士 第23話「印旛沼古堀筋御普請」

降りしきる雨の中、水面にぽっかりと開いた異界への入り口へ接近するアトル。

アトル

「何で人は死ぬ。何で苦しむ。こんな世に何の意味がある。」
そう呟きながら振り返ったアトルの周囲を覆う水飛沫。
その直後に、往ちゃん達の見たものは、黒く巨大な妖夷の頭部に佇む無表情なアトルの姿だった・・・。
いやぁ~、最終回を目前にまさかの展開になって来ましたね。
もしかして、ラスボスはアトルΣ(゚Д゚;)?!!・・・みたいな。

印旛沼に出ると言う妖怪“黒坊主”
だが、それは工事を中止させるべく用いられた虚言に他ならなかった。
江戸にやって来た少年・太作は奇士達に助けを求める。
それは、最初は噂を広めるためについた嘘が現実のものとなってしまったため。
印旛沼に現れた妖夷は、人と妖夷の混じり合った混合体。
蛙の姿となってしまった両親と仲間達。
どうやら、印旛沼に妖夷を持ち込んだのは、アクラム集団こと“西の者”達の様だが・・・。
“新たな首を目覚めさせるため”
やっと真の目的らしき事を語った彼ら。
・・・が、“首”とはいったい何なのだろう??
まさかのまさかで、『いろはにほへと』とリンクなんかしてないよね~( ̄∇ ̄;)

工事を成功に導くため、お忍びにて印旛沼にやって来た鳥居一行。
「印旛沼が一度氾濫すれば、利根川一帯が水没する。多くの田が潰れ、利根川を通る荷が江戸に来なくなる。この普請は、それらの災いから民を救うためだ」
そう語る鳥居は、確かに正しい。
だが、アトルは重い労働や疫病に苦しむ人々を見捨てる事が出来ない。
そして、故意に妖夷となって襲い掛かった太作が斬り捨てられる光景を目の当たりにしたアトルは・・・・・

“この世には答えの無い問いが幾らでもある”
“仕方が無かったんだ”

そんな大人的理由に、到底納得など出来るはずも無い、彼女のガラス細工の様な繊細な心は、ついに崩壊の道を辿る事になってしまった。
いや、しかしながら、まだ彼女の精神を救出する方法は皆無とは限らない。
そんな複雑なラストを迎え、次回へ引き続くこのお話。
どうか、アトルの心が明るき健全を取り戻さん事を・・・!!!

▽TVアニメ『天保異聞 妖奇士』のオリジナル・サウンドトラックが登場!!
■天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック 3/21発売
天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/327-5f8a7638

妖奇士: 説二十三
天保異聞 妖奇士 「印旛沼古堀筋御普請」 鳥居耀蔵の為政者としての正しさと,アトルの個人としてのどうしようもない絶望。
印旛沼古堀筋御普請
トリプル更新はきついorz でもがんばります! タイトル読めますか?読めないよね
天保異聞妖奇士 説二十三『印旛沼古堀筋御普請』感想
アトルが見た悪夢スタート。事件は江戸じゃない、印旛沼で起こってるんだ!(爆)
天保異聞妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」
天保異聞妖奇士の第23話を見ました。説二十三 印旛沼古堀筋御普請アトルは突然、大きな人型をした妖夷に囲まれてしまう。そして、異界に飲み込まれてしまうという夢を相変わらず見ていた。「私はまだここにいる…ぅ…」下総国 印旛沼普請現場印旛沼の工事中に相次いで水..
天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説二十三『印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)』
説二十三『印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)』
天保異聞 妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」
田んぼの仕事もあるってのに、キツイ印旛沼の工事に駆り出される人々。そこで太作が江戸に赴き、黒坊主の噂をでっちあげてこの工事を中止に追い込もうと…。相手が妖夷ならば退治には奇士の出番なわけですが、今回は色んな事が絡んでいてややこしい事になりました。鳥居....
天保異聞妖奇士説二十三 印旛沼古堀筋御普請
うーん、アトルはどうなってしまうのか。以下感想。
天保異聞 妖奇士 #23 「印旛沼古堀筋御普請」
中間管理職も辛いですね(〃゚д゚;A アセアセ…印旛沼の工事が失敗して鳥居が失脚すれば蛮社としては妨害をする者がいなくなるわけですが、でもだからといって印旛沼の妖夷を見逃してしまうのも納得がいかず。小笠原さ
天保異聞 妖奇士23話
きたきたきたぁ!!最終回三部作ッ(笑)なんだかすっごい面白かったです!!!テンポ戻ってたし^^これならちゃんとまとめてくれそうです。最終回へ向けて、超期待!てかさすがあのお方ですよ(笑)脚本家の力量、拝見させていただきます!鳥居さんに西の者に…役者がそろい..
いい歳こいて奇士好き 22話
 メビウスの後のこちらもどうやら最終三部作。なんとか一応の最終回っぽくはできたらしい。と言うか先週までの1話完結モノがかなり割を食ったような。そういえばその前の三人往壓の話もそれまでの3話完結から2話完結になって
今週の天保異聞 妖奇士「説二十三 印旛沼古堀筋御普請」
いよいよ最終章突入。本来ならラスボスが出てくるような雰囲気のアニメではないのですが・・・。
「天保異聞 妖奇士」23話 「印旛沼古堀筋御普請」
前回のアトルの部分がどうにももう一つの話の流れとつながりが悪いなと思ったらアトルが大ボスになるための流れだったのね。アトルはてっきり駁になったりしてボロボロになっていく往壓を助ける側になるのかなぁと思っ
天保異聞妖奇士 説二十三~いきなり鳥居様大活躍~
今回は話が特に難しかったです(苦笑)あらすじ等は他ブログさんの記事を見てもらうとして・・今回は久々にイラスト描いてみました(^ー^)以前は宰蔵の巫女姿を描いたんで、お次はアトルの禿バージョンです\(^-^)/ケータイの写メ画像なんでぼやけてますが(笑) 今回は鳥居様
冷静と絶望の間
天保異聞妖奇士、クライマックス。面白い展開になってきました!水野の明暗を握る下総の印旛沼の工事が舞台。もとは工事の労苦から逃れるためのウソだったガマ伝説。しかし実際にガマの妖夷に変わる人々。助けを求めて単身江戸に赴いた青年。そこに待ち受けていたのは、非..
天保異聞 妖奇士 第23話
サブタイトル「印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)」  印旛沼の工事現場に端を発する妖夷の噂。  少年の意図に反し、現れる数々の妖夷。  そしてその陰には、またしても”西の者”の姿が...?
天保異聞 妖奇士 第23話
サブタイトル「印旛沼古堀筋御普請(いんばぬまふるほりすじごふしん)」  印旛沼の工事現場に端を発する妖夷の噂。  少年の意図に反し、現れる数々の妖夷。  そしてその陰には、またしても”西の者”の姿が...?
「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 
説二十三「印旛沼古堀筋御善?」 アトル、いかないでくれ!
妖奇士・第23話
「印旛沼古堀筋御普請」 工事中の印旛沼で起こる事故。そこで語られるのは「黒坊主」
天保異聞 妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」
異界を求める…
妖奇士 説二十三
    「印旛沼古堀筋御普請」感想。     最終回が近いせいか、あらゆるキャラ
天保異聞妖奇士23話「印旛沼古堀筋御普請」
物語がいよいよクライマックスにむけて盛り上がってきました!!下総の国、印旛沼の工事中に相次いで事故が発生していた。それは、黒坊主という妖怪の仕業だという。工事を中止させるため、江戸へやって来た太作という少年から、黒坊主の噂を聞く奇士たち。だが、小笠原は..
天保異聞妖奇士説二十三
「印旛村古堀御普請」下総の印旛沼の治水工事現場に黒坊主という妖怪が現れ工事を妨害する。
天保異聞妖奇士 説二十三『印旛沼古堀筋御普請』視聴メモ(簡易版)
第23話である。話の詳細は他のブログで散々語られていると思うので省略。私はただ心に残った部分を書き綴るだけである。要するに本番組を見ていた人しかわからない仕様の文章だということである。年度末ということで色々とあわただしい中での視聴メモなので、さらにわ....
天保異聞 妖奇士 第23話
「印旛沼古堀筋御普請」 前回からアトルがこの世の不条理に対して異界への思いを強く
天保異聞妖奇士#23「印旛沼古堀筋御普請」
先週の22話・・・ちょっとギアスの記事に書きましたが明日の娘の卒業式の服を先輩ママに借りに行って・・・立ち話をしている間に・・・ギャース!!!終わってしまいました!!!感想レビュー様を拝見すると面白かったようなので無料配信サイトのお世話になろうと思って..
天保異聞・妖奇士 説二十三
天保異聞・妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」……タイトル長っ! お笑い要素、少なっ! こちらも、最終三部作…ですかねぇ(雪輪風に)
天保異聞妖奇士 第22話「帰ってこないヨッパライ」
酒の妖夷相手に奇士たちは苦戦(笑) 小笠原は、秘密兵器『清正』を持ち出してきます。 そんなキャラだったのか(^^; 奇士たちがコミカルに戦う中、アトルは切腹させられる武士を助けよと奔走。 今回も1話完結。開き直って悪ノリが楽しかったです(笑)
天保異聞妖奇士 第23話「印旛沼古堀筋御普請」
(※間違ったTBを送りました。削除お願いします)異界を求めるのは悪いことか――? 印旛沼の工事を妨げる黒坊主という妖怪。 小笠原は工事中止が鳥居失脚に繋がると動けない。 往壓たちは制止を振り切り印旛沼に向かうが…
天保異聞 妖奇士 第23話
「印旛沼古堀筋御普請」異界・・・
(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第23話 「印旛沼古堀筋御普請」
天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 二そこに、黒坊主という妖怪がいると言う・・・。下総の国、印旛沼の工事では相次いで事故が発生していた。その原因となっていたのは、黒坊主という妖怪の仕業である言う・・・。その頃江戸では、狂斎が太作という少年と出会っていた・・...
天保異聞 妖奇士 23話
23話「印旛沼古堀筋御普請」 あやし感想!いきます! 今回もアトルがぁぁ… そして三角関係…じゃなくて一直線が… アバンでは、異界に行く夢(?)を見たアトル。 目覚めて「私はまだここにいる」と… 印旛沼の普請。 なかなかうまくいってないようですが…黒坊主がで
「天保異聞 妖奇士」説二十三「印旛沼古堀筋御普請」
「 小さいなぁ! 」鳥居様、(声が)大きいなぁ(^^;
天保異聞妖奇士 説二十三「印旛沼古堀筋御普請」
最終回を前にして焦ってます[:汗:]今回は一話完結ではないので、ひょっとしてこのまま最後までいきますか?アトルの占める役割が大きくなって来ましたね。   ↓

コメント

Wiki見ました…
>まさかのまさかで、『いろはにほへと』と…
自分はその作品見てないので何とも言えないのですが、
『ヒヲウ戦記』とはリンクしてますからね、この作品。
あっても不思議ではないかと。

あと悲しいかな、やはり打ち切りだそうで…
深夜枠に移行してくれると思ってたんだけどな~
ガンダムとかの再放送できるんだからい~じゃね~の…
2クールカットでラスト3話が本来の終盤の短縮版。
伏線残しまくり決定ですな。でも誰も言わなかったの?
どんな傑作でも土6で時代劇やったら数字ムリだって。
せっかくガンダム+ハガレンで食い付いた女子供がさ…
コードギアス来た時に無理にでも変えるべきだったね。
ここまで明暗がハッキリ分かれるとは…




こんばんは。
ZUKAさん、コメントありがとうございます!!

>『ヒヲウ戦記』とはリンクしてますからね、この作品

何と!!
やはり他の作品とリンクしてる場合もあるんですね。
私は『ヒヲウ戦記』なる作品を視聴していないので、よく分からないのですが、現在GyaOで放送中の『幕末機関説 いろはにほへと』にも、“首”が出て来るんですよね~。
しかも、そちらもあと数回で最終回だと言うのに、未だその正体は謎に包まれたままとゆ~・・・(´д`;)

>あと悲しいかな、やはり打ち切りだそうで

はぁ~、やっぱりそうなんですね。
この作品、思ったより面白くて、結構好きだったのに・・・。
皆さん、“見ず嫌い”を決め込んでる気がするんですが、どうなんでしょう。
例え拒絶されがちな時代物でも、傑作と呼ぶに相応しい作品は沢山あるんだジョ~・・・っとぉ☆

>せっかくガンダム+ハガレンで食い付いた女子供がさ

はい、確かにガンダム&ハガレンは女性にとって、キャラ萌えし易い作品でしたよね。
それに比べ、『妖奇士』は・・・・・う~ん、まぁ、どう考えても、キャラにのめり込める作品ではないかなぁ・・・( ̄∇ ̄;)
そういった観点から判断すると、次作の『地球へ・・・』は、かな~り微妙な作品。
一旦離れた視聴者が戻って来るかどうか、とても楽しみだわん♪
補足しますと。
マスラオという『機の民』がいましたよね。
ビックリ発明博士君。なかなか男前でしたが。
彼、『ヒヲウ戦記』の主人公の父親だそうですよ。
若き日の彼は、あの後も幕府に戦いを挑み続け…
『ヒヲウ戦記』は彼の子供とその仲間達の『機の民』による
物語だそうです…見た事ないんですが。絵、粗いですが。
こんにちは。
ZUKAさん、再びコメントありがとうございます!!

>『ヒヲウ戦記』の主人公の父親だそうですよ

マジですかっ(゚Д゚;)!!
メインな登場人物でなく、ちょっぴり出て来たマスラオさんの子孫とリンクしているとは、とても意外でした☆
彼の発明の能力は、当時としては、かなりのものでしょうからね~。
あの才能をバッチリ受け継いだ息子が主人公なら・・・うん、幾らでも楽しいお話が作れそう♪

『ヒヲウ戦記』の公式ページ、見てみたのですが、何とも可愛らしい・・・。
主人公ヒヲウのキャラクター紹介には、ちゃんと“「機の民」の少年”って書いてあるし、何だかとっても納得しちゃいました。
何気にマスラオさんと、コスチュームも似てる・・・かな??

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。