スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ 第2話「ミュウの船」

やっとの事で、ソルジャー・ブルーとの対面を果たしたジョミー。
プラチナブロンドにレッドアイリスのブルー。
同じミュウでありながら、ジョミーに比べ、随分人間離れしたルックスの様に思えてしまう・・・(*´д`*)

ブルー

未来を占う盲目のソーシャラー【フィシス】。
50年前にブルーに連れられ、この母船【シャングリラ】にやって来たと語る彼女。
何でも、ミュウは長寿で、姿も若いまま保つ事が出来るんだって、羨ますぃ~☆
だったら、あの少々お年を召したキャプテンっぽい人(ハーレンだっけ?)は、何で老けてるんだろう。
威厳を保つため、故意的にああいった容貌にしているのか、それとも、長年生きたら、仕方なく老いさらばえてしまうのだろうか。
しかしながら、ミュウのリーダー的存在であり、恐らくは長年生き抜いて来たであろうブルーが、あの若さなんだし、う~ん・・・そこら辺の理屈が、いまいち謎。

ジョミーを処分すべく近寄ってきた人間達。
一瞬、黒の騎士団かと見紛う格好で、めっさビックリしたけど、そんな訳ゃ~ない。
リオの操縦する飛行艇で、何とか難を逃れたジョミーでしたが、思念波で語りかけて来るリオに、あまり良い印象は持てない様子。
でも、本人が声が出せないっつってんだから、許してあげようよ~(´д`;)

そして迫力のドッグファイト。
リオさん、大人しそうな顔して、なかなかやるじゃないの。
無事アタラクシアを抜け出た2人は、ミュウの母船“シャングリラ”へと向かう。
ミュウの仲間は、ジョミーを歓迎して迎えるも、当の本人は、自らがミュウである事を完全否定。
その態度に、仲間も驚きの表情(゚Д゚)

ここでミュウのおっちゃんによる、ミュウにつての基礎講座。
◎ミュウとは、思念で会話し物を動かす、人間には無い力を持っている。
◎ミュウは、人間から生まれ出でた存在。
◎完璧に管理された社会を乱す事のないよう行われる成人検査で不適格と判断された者こそが、ミュウである。
◎ミュウが何故生まれるのかは、誰にも分からない。
◎ミュウが人間に見つかれば、秘密裏に即処分される。
◎ミュウは肉体的に虚弱な者が多い。

・・・とまぁ、これぐらいかしらん。
ミュウ自身も、自分達についての全てが完全に理解出来ている訳ではない様です。

続いて、第1世代のミュウが、人間から奪い、改装を重ねて来たというシャングリラ号。
従来のレーダーに探知されない“ステルスデバイス”とか、思念波を統一するべく、緑まで充実しちゃった広大なブリッジとか、めちゃめちゃ優秀っぽい。
ブルーに導かれ、子供達の遊び場にやって来たジョミー。
ほほう、子供達がこんなに沢山いるという事は・・・。
シャングリラ内で生まれたミュウが大半で、途中まで人間社会に暮らしていたミュウってのは、珍しいケースなのかもしれない。

ここで、苛めっ子4人組が登場!!
本気の殴り合いが、始まったぁ~★
結果、ジョミーは片腕に怪我で済んだみたいだけど、相手は全身打撲に近いぐらい、包帯グルグル巻きの刑。
身体の弱い苛めっ子ミュウでしたが、喧嘩に思念波を持ち出さなかった事だけは立派かも。

ミュウ達と折り合いの上手く行かないジョミーは、アタラクシアに戻る事を決意。
ブルーも快くそれを了承。
・・・って、なんでやね~ん☆
これはもう、人間の世界では居場所のない事実を、本人に直接分からせるための、敢えての試練に違いねぇ!!
泣かせる親心だわぁ~。・゚・(ノД`)・゚・。。

・・・という訳で、次回はアタラクシアに帰ったジョミーが、精神的に打ちのめされる様を、じっくり堪能できそう♪
あ。
因みに、私はSではないので、その点、よろしくぅ~( ̄∇ ̄;)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/341-32ab26d1

【感想】地球へ… section02
section02:ミュウの船あんまり進まなかった…。ミュウっていうのはミュータント(突然変異)ってことで、こいつ↑ではないのね。ミュウ側の新人を受け入れる態度がちょっと微妙だったのと(ほとんどのミュウがジョミーみたいなリアクションするんじゃな...
地球へ… 第2話 『ミュウの船』
「僕はミュウじゃない!!」今まで教えられてきたことと、ミュウである人たちが語ること。そのどっちが正しいのか、ジョミーにはまだ分からず…。それにしてもOP曲が(・∀・)イイ!!(UVERスキー)※ネタバレあ
地球へ・・・ 。。。。 section02 ミュウの船
やっと 本物が登場した ソルジャー・ブルー。ジョミーを前にして 平静を保ちながら立ち上がるのも やっと という力の衰えを見て取れてしまうのが 痛々しい。かれこれ もう 30数年前になるんですね、地球へ・・・ と出合ったのは。もともと 竹宮惠子さん のファンで 先....
地球へ… 第2話「ミュウの船」
地球へ…ソルジャーブルーに見込まれて、メンバーに選ばれたジョミー。しかし、ずっと人間で無いもの教えられてきたミュウに対する偏見は大きく、ましてや、自分もミュウだったなんてことを認められるわけもない。しかも、思念波を使って周りの自分を良くは思わない声....
地球(テラ)へ… section02
地球(テラ)へ… section02「ミュウの船」 ジョミーを受け入れないミュウたち。
地球へ… section02「ミュウの船」
地球へ…の第2話を見ました。section02 ミュウの船不適格者の烙印を押され、保安隊に包囲されたジョミーだったが、頭に響く声に従って逃走する。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。規則を破ってアタラクシアを離れ、ミュウの母船に導かれたジョミーを迎え入..
地球へ… 第二話「ミュウの船」 感想
今週も安心しきって見ています
地球へ… 02「ミュウの船」
展開にスピード感がありますね。話がサクサク進んでいい感じです。やっぱりきちんとした原作があるからでしょうか。保安隊の追撃を交わしながら逃げるあたりもスピードと迫力があって引き込まれました。ジョミーを助けてくれたのはリオ。話せないけど思念で意思疎通が出....
地球へ… 第02話 「ミュウの船」
地球へ…  現時点での評価:3.0~  []  TBS・MBS : 04/07 18:00~  SBS・RCC : 04/14 17:30~  原作 : 竹宮恵子  監督 : 山崎理  メカデザ : 出渕裕  キャラデザ : 結城信輝  2クール  アニメ制作 : 南町奉行所・東京キッズ ...
地球へ… #2
成人検査で不適格と判定されたジョミー。彼は兵士たちに抹殺されそうになったところを、ソルジャー・ブルーの手の者に救われて、ミュウたちのところへと連れて行かれました。しかし、...
「地球へ・・」2話「ミュウの船」
<土曜日>今日はミュウの他のキャラの紹介編かな?見ているうちにまた色々思い出しました。ジョミーが出会ったミュウの子供達のうちの1人、あの女の子は後に・・とか。そうかあ、この時ジョミーの中にあった”母親”というものに対しての憧れが彼女の中に芽生えたんだなあ
地球へ・・・2話「ミュウの舟」
やっぱり期待通りの作品になってきました!!面白い。見せ方が上手い!!演出に拍手!!そしてなんと言っても、あの独特の竹宮さんの雰囲気をよく出してるなぁと。宇宙船とか、メカとかの動きがまた素晴らしいし、CGの使い方がいいですね。もう2回目にしてほれ込んでます..
地球へ… 第2話
「ミュウの船」ソルジャー・ブルーにきゅんきゅんする♪先週、第1話を見たあと、新装版で原作もばっちり読みました。すごく壮大な話で、一度読み始めたら最後まで止まらなくなりましたよ!!さて、今回は不適格者
『地球へ…』#2「ミュウの船」
ドッチ ガ タダシイ?ジョミーは不適格者として処分されるところを、ソルジャーブルーの指示によりリオというミュウの青年に助けられる。思念波で話しかけるリオは、声が出せなかった。ミュウと呼ばれる人
今週の地球へ・・・「section02 ミュウの船」
謎だらけの状態で迎えた第2話。一部の謎は解けつつあるものの、新たな謎がどんどん出てきたり・・・。
地球へ… 第2話「ミュウの船」
地球へ… 1弾丸を見えない壁が防いだのであります。うむ、超能力~~。ミュウの能力ってのは、要するに身体障害者が障害を補うために与えられたと考えるべきですかね。脚が悪くて歩けなければ他の力を使って歩くって事ですな。っていうか、この世界だとミュウじ....
地球へ section02 : ミュウの船
section02 : ミュウの船
地球へ・・・第2話 ミュウの船
以下感想!
地球へ・・・ ミュウの船
やっと土曜日が来たよ~待ち遠しかったなぁ。さて、今回はミュウの船と言うことで…section02 : ミュウの船不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年
『地球(テラ)へ…』第2話「ミュウの船」感想
さーて2回目♪しかしこのOP、曲も絵も結構いいかと☆最後のブルーとジョミーの真ん中くらいのキャラも気になりますわv
アニメ「地球へ…」第2話 感想。
第2話「ミュウの船」不適格者の烙印を押され、処分されようとしていたジョミー。保安隊に包囲され、追い詰められていた彼を救ったのは、リオと言う青年だった。彼はソルジャー・ブルーの命を受けて、ジョミーを迎えに来たのだと言う。リオは、声を出す事が出来ないために思
地球へ…#2差別と偏見の中で
アタラクシアからミュウの船に来たもののそこで待っていたのは冷たい憎悪だった。ミュウであると認めたくないジョミー人間であるジョミーに反感を抱くミュウ達理解をしあうには両者の溝は余りにも深くソルジャー・ブルーの寿命は残り少ない・・section02「ミュウの船」不...
TBS「地球(テラ)へ…」第2話:ミュウの船
どうして、こんなことになったのか? ジョミーの気持ちももっともです。結果はさておき、ソルジャー・ブルーの干渉がなければ、検査は無事に通過したのでしょうから。
地球へ・・・ #2
地球へ・・・ 第2話「ミュウの船」記憶を消されそうになったところをソルジャーブルーに助けられたジョミーが連れて行かれたのはミュウの母船。
地球へ・・・ #2
地球へ・・・ 第2話「ミュウの船」記憶を消されそうになったところをソルジャーブルーに助けられたジョミーが連れて行かれたのはミュウの母船。
地球へ・・・ 第2話
第2話「ミュウの船」不適格者として消される!?保安隊に殺されそうになったジョミーに新たな味方が!ブルーの命令で助けに来たというリオに救われ、高速機で追っ手から逃げる!リオは口がきけず、思念波で話しかけてくる。そして、ミュウの母船に到着~
地球へ・・・ #2 「ミュウの船」
リオは操縦が巧いな~と感じたり・・・空のシーンはCGかな~と思ったり・・・でも一番魅力的だったのは・・・私もナキネズミを肩に乗せたい!人懐こそうなところがカワイイけどミュウにしか慣れないのかな..._φ(
地球へ… 2話 『ミュウの船』
ジョミー、ミュウの船で大歓迎ヽ(´∀`)ノワーイ しかし直接頭に語りかけてきたり、人間にはない能力がある化け物と思ってしまっているらしく僕は人間だ!とミュウ達に反発してしまいます…(´・ω・`) 以下ネタ
第2話 契約の星は流れた・・・ 後編
第2話イチオシ契約の星は流れた・・・ 後編キャプチャ4月14日21時24分公開開始よく見るとナンバー1キャバ嬢が篠田千晶w「きっと、今日ここへ来るのが運命だったんですよ。アナタと会うことが。」運命とか言っちゃダメだよww小夜を超えた?(笑黒の契約の対価は『食べる
地球へ・・・ #2「ミュウの船」
ブルーが逝ってしまわれなくてよかったε-(´∀`*)ホッ
地球へ… 第2話
第2話は「ミュウの船」。今回は、成人検査後にリオの手を借りて追っ手を逃れ、ミュウの船に乗り、ソルジャーブルーと会うところまで。リオは最初の出会いから最期までジョミーの一番の味方になってくれる青年で、口がきけません。原作では彼が操縦する小型艇が撃墜され危な
「キモーイ」「人間が許されるのって13歳までだよねー」 地球へ・・・2話
 「汚物は消毒だぁ~(あそこは色々版権関係うるさいので画像は無しね)」と消毒されかかったジョミー、さあどうする?とそのとき颯爽と現れたのはミュウのリオ。 リオに助けられたジョミーはミュウの母船へと向かう・
地球へ… section02 「ミュウの船」 感想
どちらが正しい? 今まで信じてきたこと…彼らの言うこと…僕は、本当は何者なのか?
地球へ… 第2話「ミュウの船」
保安隊に包囲されたジョミーは、ミュウの青年リオに救われる。 ミュウの母船に導かれるが、ジョミーはそこでも異端者だと感じる。 そして、夢で会った少女フィシスやソルジャーブルーと邂逅を果たすが… 2話も丁寧で堅実な作り。テンポが緩やかなのが気になるくらいかな。
地球へ 第2話
「ミュウの船」処分されそうになったジョミーを助けたのはミュウの青年リオ。彼はジョミーをミュウの船へ連れて行く。ミュウのことをなにも知らなかったジョミーは自分は人間だ、と彼らを拒絶する。思念波ってのが、いわゆるテレパシーみたいだけど、ジョミーはそれが強い..
地球へ… 第2話「ミュウの船」
というわけで、第2話です。それにしても、一週間って早いですね~…先週からこっち、何度もOPを見返したけれど、なんか、ジョミーの方を振り返るソルジャー・ブルーを見るたびにときめいて仕方ないですよ。ちょ、顔近すぎwwwって感じのブルーとジョミーのカットにも。い
地球へ・・・#2「ミュウの舟」感想
まさか、戦闘シーンがCGで見られるなんて!!!(そこかい!!!)脚本が面出さんだよ!!!(それも、そこかい!!!)これで萌えツボはOK!?原作、劇場版ともにメカがいまいちだったのでかなり良くなったと思いました!初回よりも絵も内容も良かったのでは♪「ミュ..
地球へ・・・ 第2話 「ミュウの船」
ソルジャー萌え十郎太さんが喋った途端、母が、「あれ?この声」と言うので、おぉ!そうだよ狩納さんだよ☆ と思ったら、「小夜の・・・」と。おぉぉぉ!素晴らしき我が母。ちょっとw 先週はビミョーだと思ったんだけど、今日はそうでもなかった。どうしよう、笑い
地球へ・・・ section02「ミュウの船」
【STORY】不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。アタラクシアを離れ、ミュウの母船に導かれたジョミーを迎え入れたのは、人類の迫害を逃れた多くのミ
地球へ… section02「ミュウの船」
包囲されたジョミーを救ったのは、リオと名乗るミュウの青年が乗る飛行艇だった。リオは口が利けないために思念波でジョミーに語りかける。そして、ジョミーをミュウの母船に連れて行くのだった。
地球へ… section02 「ミュウの船」
地球へ… section02 「ミュウの船」 テレビアニメ - goo アニメ不適格者の烙印を押されて保安局に包囲されたジョミーを助けたのはリオと名乗るミュウの青年でした。ミュウの母船でジョミーを迎え入れたのは人類に迫害を逃れた多くのミュウたちでした。しかし、ジョミーを受
地球(テラ)へ… section02 「ミュウの船」
戦闘シーンは、一部CGを使っていましたね。立体感が、良く出ていましたよ。ミュウの舟(シャングリア))は、空中空母というよりは宇宙船のほうが、近いかも。
地球へ・・・ 第2話
「ミュウの船」 処分されようとするジョミーを助けてくれたのは、ソルジャー・ブルー
地球へ… 第2話「ミュウの船」
地球(テラ)へ… 第2話「ミュウの船」
地球へ… 第2話「ミュウの船」
「ぼくはミュウなんかじゃない!」「帰りたいんだ!」「いいよ。」え?あっさりOK?
section02「ミュウの船」
どうやら、ジョミーがソルジャー・ブルーからすべてをゆだねられるまでのエピソードは原作よりも少々長くなるようで、オリジナル要素が結構入っていました。原作と比べると、文句が多くなるので(ゴーストハントみたいに)原作を手元に持ってこないようにしていたのですが、
■地球へ・・・ 第2話「答えなんてのは自分の中に見つけるしか...
■地球へ・・・ 第2話「ミュウの船」今週は世界観についてとかミュウについてとか色々調べましたので、ちゃんと話についていけました~。本編でも一応ちょっと説明もさせれてたけど、調べてないであれだけだったらちょっと厳しかっただろうなぁ。^^;とりあえず、今回..
地球へ… 第2話感想
地球へ… 第2話感想いきます。
地球へ・・・ 『 section 02 : ミュウの船 』
ジョミー運動神経高すぎ!!( ゚ ロ ゚  )フツー自分の背より高いフェンスを飛び越えたりできませんよw * * *舞台は、今よりも遥か遠い未来。 人類は環境破壊により滅び行く地球を再生させるため、植民
ミュウの船
「僕はミュウなんかじゃない!!」
(アニメ感想) 地球へ… 第2話 「ミュウの船」
地球へ… 1 (1)不適格者と言い渡され、保安隊に囲まれたジョミー。しかし、そこにリオと名乗るミューの青年が救いに駆けつける。そして、ジョミーはアタラクシアを離れ、ミューの母船へと迎え入れられた。しかし、多くのミュー達の姿に、ジョミーは戸惑いを覚える・・・....
地球(テラ)へ・・ 第2話
地球(テラ)へ・・ section02 : ミュウの船脚本:面出 明美 絵コンテ:つるやまおさむ 演出:柳瀬 雄之 作画監督:高乗 陽子(STORY)不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。アタラクシアを離
「地球へ…」section02「ミュウの船」
「 僕はミュウなんかじゃない! 」その気持ちはわかるけど…(;;)
地球へ 第2話「ミュウの船」
地球へ 第2話「ミュウの船」 のトラックバックを受付中です。1週遅れで申し訳ありませんが、良かったら、遠慮なくTB貼ってってください。お願いします。
レビュー・評価:地球へ……/section02 : ミュウの船
品質評価 22 / 萌え評価 12 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 15 / お色気評価 7 / 総合評価 12レビュー数 154 件 不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。アタラクシアを離れ、ミュウの母船に導かれ

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。