スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ 第12話「孤独なるミュウ」

ふぅ、今回はナイスルックスメンの登場率の高さに溜め息もの。
キース&マツカ、めっさ絵になるわぁ~(*´д`*)

キース&マツカ

キースと初対面を果たしたマツカは、彼を“怖い”と感じる。
それは、心を読んだ怯えから来たものではない。
強靭な意志で制御された心、付け入る隙の無い機械の様なキースの心が、怖かったから・・・。

しかし、キースとマツカの絡みは、とても面白かった。
キースの御持て成し役に任命されたマツカ。
「2人の時はキースで良い」・・・って、はぁ~、キース殿下と呼ばせて下さいっっ(*´Д`)ノ
そして、落ちた拳銃を拾おうとした際に“心を読まれた”と感じたキースは、マツカに銃身を向ける。
怯えたマツカは、キースに対し、サイコキネシスを発動!!
だが、カウンターにて衝撃弾を食らい、一気に形勢逆転。
その際に判ったのは、マツカが“ミュウである認識の無いミュウ”である事。
しかし、軍に所属しながら突然変異種の存在を知らないとは、一体どういう訳??!

キースの問いにテレパシーで答えたマツカは、キースから拳銃チョップを叩き込まれる。
が、涙ぐんだマツカに同情したのか、そのまま立ち去ろうとするキース。
そして、彼を追い、背後から接近したマツカは、再び容赦無く衝撃弾を食らってしまうのでした。
「私の後ろから近づくな。それが誰であろうと撃つ。私はそう訓練されている」
・・・って、ゴルゴ13Σ( ̄□ ̄;)?!!

一方、ナスカにて。
トーニーがこの世に生を受けて、早3年。
そして、お父ちゃんユーイに突然の災厄が降り掛かる!!
何てこった~い★

しかし、サムが生き残っていたとはマジ驚き。
あの散り散りに吹き飛んだ輸送船から奇跡の生還って・・・?!!
有り得ねぇ・・・。
事故以来、サムは幼児退行に陥ってしまった様で、キースに向かって、「おじちゃん、誰・・・??」って、拳銃チョ~ップ!!!と、までは行かなかったけど、ブチ切れ寸前のキースがめっさ怖ぇ(←※微妙にウソ)。
旦那と別れたスエナも、クールなジャーナリストを装い、キースに大胆接近☆
ひょっとして後釜狙ってる?!!

ユーイの事故を“自業自得”と口走ってしまったゼル。
それが切欠となってしまったか、ミュウ達世代間の確執は最高潮に達してしまう。
地球を忘れ、ナスカに永住を求める若い世代。
そして、各地の仲間を集め、飽くまでも地球を追い求める古き世代。
ユーイを愛したカリナも、彼の眠るこの地に留まりたいと言う。
ミュウの代表者として、苦渋の境地に立たされてしまうジョミー。
あぁ、どうか胃潰瘍にだけはならないで・・・(´д`;)

ラスト、命令に反し、マツカを伴いジルベスター星系に赴くキース。
彼が、マツカをミュウと知りながらも行動を共にしようと決めた訳。
それは、ミュウに対する好奇心からか、それともシロエに対する後ろめたさから来たものなのだろうか・・・。
何れにしろ、次回はついにキースとジョミーが対立する事になりそうで、と~っても楽しみです!!

▽竹宮惠子先生のSF大傑作、大人気放映中『地球へ・・・』のDVD第2弾が登場!!
■地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 9/5発売
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/381-f7a0786a

地球へ… 第12話
「孤独なるミュウ」マツカ、美人さんvvジョミーとの事件が原因で幼児退行してしまったサムを訪ねたキース。サムが覚えていたのは皮肉なことに成人検査で消される前のアタラクシアにいた頃の記憶ばかりで、肝心
地球へ… section12
地球へ… section12「孤独なるミュウ」 指導力不足を露呈する若き指導者,ソルジャー・シン。
『地球へ…』第12話「孤独なるミュウ」感想
そうだ、全開キースが成長してたんだった。OPの可愛いキースが…ああキース…(泣)
地球へ… 第12話 「孤独なるミュウ」
地球へ…  現時点での評価:3.0~  []  TBS・MBS : 04/07 18:00~  SBS・RCC : 04/14 17:30~  原作 : 竹宮恵子  監督 : 山崎理  メカデザ : 出渕裕  キャラデザ : 結城信輝  2クール  アニメ制作 : 南町奉行所・東京キッズ ...
地球へ・・・12話「孤独なるミュウ」
ナスカの地にミュウたちが降り立って3年。この時間はミュウたちの中で、それぞれ色んな未来への希望を与えたようです。それは予想もしなかった事件で表面化し、矢面に立たされたのはやはりジョミー。あぁ、なんて孤独な戦いなんだろう・・・ミュウを導く長として、ソルジ..
地球へ… 第12話 『孤独なるミュウ』
「大丈夫、僕たちがいる」だれー??(・∀・)それにしても。トォニィ可愛すぎ!!!(*´∀`*)※ネタバレあり
地球へ… section12「孤独なるミュウ」
地球へ…の第12話を見ました。section12 孤独なるミュウハロルドがトマトを持って遅刻してきます。ティムに収穫が手間取ったと言いながら、トマトを渡します。ティムは合成トマトより美味しいとトマトを齧りながら、交代任務の定期便を発進させる。ナスカに根を下ろして...
地球へ section12「孤独なるミュウ」
のんびりムードで始まってすぐに、悲劇設定かぁ…。ナスカに移住して3年。平和ボケしてしまっている、という事を強調したかったんでしょうか。
地球へ… section12 「孤独なるミュウ」
地球へ… section12 「孤独なるミュウ」 テレビアニメ - goo アニメあれから3年、ユイとカリナの息子トニーは3歳になりました。平穏な幸せに突然の不幸が、ユイが事故で亡くなってしまったのです。あんなに幸せだったのに、ユイの墓にトニーが、ユイの育てた花をもってく
地球へ… 第12話 「孤独なるミュウ」
ナスカで暮らし始めて3年が経ってました。ここまで何事もなく順調だった生活に変化が・・・ユウイがぁーーーー!!不幸な事故でお亡くなりになってしまったユウイ(ノД`)それはそうと、トォニィは3歳とは思えないく
地球へ… #12
ミュウたちがナスカに降りたって3年。若い世代のミュウと老人たちの間には、考え方の溝が広がっています。冒頭は、いきなりユウイの死から。カリナとの間にトォニィが生まれて幸せい...
地球へ… 第12話
先週の1位がトォニィ誕生…まぁ妥当よねでも、待ち受けがカリヤと円の中のトォニィ…(集合写真でお休み、みたいな)今日こそは待ち受けゲットできないかもと思っていたのに、気付けば家でテレビ見れてる自分に驚き地球へ… 第12話 感想『孤独なるミュ...
地球へ… 第12話「孤独なるミュウ」
地球へ・・・Vol.1【完全生産限定版】衝撃弾でマツカの体の自由を奪い、ベッドに突き倒すキース。「動きを奪うのには十分だ」そして服の前を開く。いや~~ん。おおぅっ、危ないシーンですね(違うだろ)っていうか、こんないかにもいじめて下さいなタイ...
地球へ… section12「孤独なるミュウ」
『大地と共に生きる喜びが、地球への思いを薄れさせる中、ミュウたちの間に世代間の亀裂が広がっていく。世代の狭間で苦悩するジョミー。同じころキースは辺境に潜んでいた一人のミュウと出会う。』13年から3年、全部で1
コドクコドクと音がする 地球へ・・・12話
 新ガンダムも発表され、以前から周知の事実であったにしろ改めて地球へ・・・が9月までの2クール作品である事を確認。この異例とも言える速さでの発表には前2作で深手を負った土6枠をなんとしても沈めない為にも、なん
地球へ… 第12話感想
地球へ… 第12話感想いきます。
地球へ… 第12話「孤独なるミュウ」
大丈夫、ぼくたちがいる――。ナスカに最初の子が誕生し3年。世代間でミュウたち亀裂が生じ、ジョミーは指導者として苦境に立たされる。能力を隠し辺境軍にいたミュウのマツカは、キースに正体を知られてしまう。
地球(テラ)へ… section12 「孤独なるミュウ」
ナスカに根を下ろして3年。生まれる命と失われる命です。
今週の地球へ・・・「section12 孤独なるミュウ」
今回はミュウ側、人間側ともに動きが。サムはもはや廃人同然・・・。
地球へ・・・第12話「孤独なるミュウ」
すっかりナスカに根をおろしたミュウの若者達・・・もう3年の月日が経っています。そして地球を望む長老達との間に溝が・・・そんな中ユウイが事故死する・・・トォニィはその事故を感じ取る。凄く可愛く育って
(アニメ感想) 地球へ… 第12話 「孤独なるミュウ」
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】ミュウ達がナスカの大地に根を下ろしてから三年・・・人々は、大地と共に生きる喜びを感じ生きていた。だが、地球への思いを薄れさせる若者と、かつての悲劇を忘れない者達の間に亀裂が広がっていく。ジョミーはそんな世代の狭間で....
TBS「地球(テラ)へ…」第12話:孤独なるミュウ
世代の狭間で苦悩するジョミー。そんなジョミーを「お前」扱いする若い世代のミュウたちにびっくりです。新キャラ、マツカは、オドオドとした弱々しさがやけに目立ちます。
TBS「地球(テラ)へ…」第12話:孤独なるミュウ
世代の狭間で苦悩するジョミー。そんなジョミーを「お前」扱いする若い世代のミュウたちにびっくりです。新キャラ、マツカは、オドオドとした弱々しさがやけに目立ちます。
地球へ・・・ 12話「孤独なるミュウ」
事故に遭うユウイ。テレパシーが使えないと思っていた息子トォニィだったが、このときばかりは父の最期の声がナスカに届く。親子の絆ってのが強く感じられる一瞬。「ユウイ、ミュウの長として誓おう。立派に育てることを」3年の間にたくさんのミュウの子が生まれていまし..
地球へ… 第12話「孤独なるミュウ」
地球(テラ)へ… 第12話「孤独なるミュウ」
アニメ「地球へ…」第12話 感想。
第12話「孤独なるミュウ」収穫に手間取り、ハロルドはまた交代任務の定期船に遅れる。遅れて飛び立っていく定期船を見て、険しい表情を見せるハーレイ。ナスカに根を下ろしてから、実に3年の月日が流れていた。遅れている定期船を待っていたユーイとトキ。そこで話題はカリ
地球へ… 12話 『孤独なるミュウ』
キース鬼畜すぎだろ(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ 後から近づいてきたら容赦なく撃って俺の後から近づくなってwいつからゴルゴになったんだ(ノ∀`)・∵.グハッ けど涙を見せたマツカを殺さなかったあたり優しいと言え
地球へ・・・ 。。。。 section12 孤独なるミュウ
気の毒な サムに、気の毒な カリナ。大筋では 原作どおりですが 些細な設定や イベント発動に向けての経過などは 脱!原作で味付けを狙っているようですが。。。。果たして、その方向性でのアニメ化の出来具合は 如何に?その結果は まずは この ナスカ編 の ラストで ...
地球(テラ)へ・・ 第12話
地球(テラ)へ・・ section12 : 孤独なるミュウ脚本:佐藤 大  絵コンテ:藤原 良二 演出:清水聡 作画監督:波風立流(STORY)大地と共に生きる喜びが、地球への思いを薄れさせる中、ミュウたちの間に世代間の亀裂が広がっていく。世代の狭間で苦悩するジョ
地球へ section12 : 孤独なるミュウ
section12 : 孤独なるミュウ
地球へ・・・#23「孤独なるミュウ」
ナスカで自然とともに生きる知ったミュウたち。ナスカでの生活に満足するあまり、地球に対する彼らの想いは次第に薄れていった。やがてミュウたちの間に、世代間で亀裂が生じてしまう。世代の挟間で苦悩するジョミー。同じ頃、キースは辺境の地に潜んでいたひとりのミュウ..
地球へ… 12「孤独なるミュウ」
前回から3年経過しているようですが、あんまり状況は変わってませんね。ミュウの若者達はナスカへ定住したい気持ちが強いようです。初めて手に入れた安住の地。しかも子供も順調に増えてました。しかし、このまま平和が続く保障もなく、地球への思いが募る年配者達。ミュ...
地球へ・・・ 第12話
今回も面白かったですまずはユウイまさかこんなにあっさり死んでしまうとはいきなりな展開にびっくりしてしまいましたそして顕著になる若者と老人の対立前回から描写されていたものがユウイの死によって顕著になりましたここの展開は良かったですどちらの言い分もわかるか..
レビュー・評価:地球へ……/section12 : 孤独なるミュウ
品質評価 15 / 萌え評価 25 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 28 / お色気評価 6 / 総合評価 14レビュー数 100 件 大地と共に生きる喜びが、地球への思いを薄れさせる中、ミュウたちの間に世代間の亀裂が広がっていく。世代の狭間で苦悩するジョミー。同じころキ
地球へ・・・ 第12話
Section12 「孤独なるミュウ」キース×マツカをちょっとだけ期待してました、スミマセン

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。