スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ 第22話「暮れる命」

はう~っ、マツカのキースに対する、狂おしい程の想いが、切な過ぎ!!!

キース&マツカ

いつもと様子の違うキースを気に掛けるマツカ。
が、鉄壁のキースは、その気持ちの揺らぎさえ表情に出す事は無い。

しっかし、キースのマツカに対する“化け物”呼ばわりも、極に達したって感じ?!
マ)「何故、ボクを生かしているのです、利用しているだけなのですか?」
キ)「そうだ、化け物どもを倒すのに、化け物を利用しているだけだ。他に意味など無い」
マ)「では、この戦いが終われば、ボクも・・・」
キ)「処分する事になるだろうな」

・・・って、えぇ~Σ(゚Д゚;)?!
本人を目の前にして、“使い道が無くなったら即殺す”って、言い切っちゃいましたよ、この人!!!
全く・・・、美形なら何言っても許されると思ってるんじゃないのかい??!
マツカの気持ちを考えれば、許し難き言動ながら、当のマツカは、それでもキースの事を信じていて・・・。
あぁっ、何て切ないのぉ~。・゚・(ノД`)・゚・。

ミュウ収容所“コルディッツ”を見捨て、地球(テラ)への進行を促がすジョミー。
だが、仲間思いのお爺ちゃん・ゼルは、その意見に猛反対。
結局、ステルスデバイスを利用して、仲間を救助する事に成功するのだが、その間に、リベンジの炎に燃えるトォニィが戦闘艇にて旗艦ゼウスに潜入!!
おぉっ、トォニィの人類軍コスが、めっさ格好良え(*´Д`)ノ

サムの形見となってしまったラグビーボール(に似た物体)&血のピアス。
“閉ざされた心から滲む様に漏れ出す切ない感情。
何だろう、今日のあの人は、やっぱり変だ・・・”

接触した指から、キースの心の中に流れる涙を敏感に感じ取ったマツカは、“彼について来て良かった・・・”と強く心に思う。
・・・が、マツカを睨み上げる冷たいブルーの瞳。
そのリアクションに戸惑ったマツカは、「どうして、そんな振りをするのですか?!何も感じていない冷たい機械の様に・・・、あなたは完璧なんかじゃない。本当は・・・本当は誰より優しくて、人間らしい心を持っている・・・」
と、訴える途中で、バシィッ!!!と、引っ叩かれてしまったマツカ。
そして、思い切り罵声を浴びせられたマツカは、しょんぼりとキースの個室を後にするのでした。
あぁ、何て可哀想なマツカ・・・(´д`;)

キースの元へやって来たトォニィ。
それに気付いたキースは、拳銃(連射機能付き!!)で反撃を試みるも、ミュウの圧倒的な力の前に、どうする事も出来ない。
サイコキネシスで首を締め上げられるキース。
あぁっ、キースの目が逝き掛けてるっっ!!!
上官の危機を悟ったマツカは、ミュウのパワー大炸裂!!
仲間の暴走に焦りを感じたトォニィは、キースに止めを刺そうと試みるが、その攻撃はマツカの身を挺した想いによって防がれてしまうのでした。

舞い散る血液。
驚きのトォニィ。
見れば、マツカの身体は右半分が跡形も無く粉砕された状態で、宙を漂っていた。
あぁ、何て惨い最期なんだろう・・・。

同胞を殺害してしまい、涙を流すトォニィ。
目を見開いたまま、床に伏せるマツカ。
意識不明のキースに手を差し伸べるは、サム、シロエ・・・。
だが、まだまだキースには届かない。
そして、キースの手を最後にしっかりと掴んだのは、やはりマツカでした。
これが、彼に向けられた“想いの深さの差”って奴でしょうかね。
結局、キースの心を誰よりも理解する事が出来たのは、マツカ唯一人だったのでしょう・・・。

再生したキースは血だらけのマツカに、必至に呼び掛ける。
“悲しんで・・・くれた・・・キース・・・”
そして、マツカの瞳からは一筋の涙・・・。
そう、即死かと思われたマツカは、まだ息絶えてはいなかったのです。
が、キースの自分に対する想いを感じ取る事の出来たマツカは、ついにその生涯に幕を閉じるのでした・・・。

今回はマツカの、複雑ながらもキースを慕い上げる切なき心情が、しっとりと描かれた、素晴らしいお話だった様に感じます。
マツカが人の心を読む事の出来るミュウであったからこそ、生まれ出でた想い。
誰よりもキースの本当の心に触れる事を可能としたマツカ。
いつも上官から冷たい態度を取られ、彼は決して幸せではなかった。
だが、最期の最後に感じ取る事の出来た、キースの“マツカに向けられし思慕の感情”は、一気に彼の想いを満たしたのでしょう・・・。
そう思えば、救われないマツカも少しは救われたのかなぁ~・・・と思えて来ない事も無い(´д`;)w

▽初回特典は、竹宮惠子描き下ろしジャケットカード&スーパーピクチャーレーベル&特製タロットカード2枚&録り下ろしCD付き、第7話~第9話が収録された『地球へ・・・』のDVD第3弾が登場!!
■地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】 10/3発売
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/tb.php/422-7096900d

地球へ・・・22話「暮れる命」
マツカ~~~~~ぁぁぁぁ!!わ~やられたよ!!今回はもう、君の今までの気持ち関係なく、とりあえずやられた(><)思いのすべてをかけてキースを守れたんだし、何よりどんな形であれ必要とされて、悲しんでくれた。それがマツカには一番だったのでしょうね。壮絶な最..
地球へ section22 : 暮れる命
section22 : 暮れる命
地球へ… 22「暮れる命」
「キース、つかまえましたよ。僕があなたを死なせない」今回は思いがけずマツカで泣けました。おそらく単独で乗り込んで来るトォニィの前に立ちはだかるのはマツカだろう思ってました。が、まさかキースをかばって死んでしまうとは…。orzしかもサムやシロエに導かれるキ...
『地球へ…』#22「暮れる命」
「悲しんでくれた…」いつかこんな日が来ると思っていました…。例え身内からミュウ因子が出ようと自分が因子を持っていようと「殺せ」と言うキース。ミュウ収容所・コルディッツを木星に落とす計画を変更するつ
地球(テラ)へ… section22 「暮れる命」
暮れる命。一人は、サム・ヒューストンのことだったのね。
地球へ… 第22話
「暮れる命」マツカぁぁぁぁーっっ!!アルテラ達を失った悲しみを怒りに変え、ジョミーは絶対に死なせないと意気込んだトォニィはキース暗殺を目論み、ハーレイの制止も無視して、単身、キース艦ゼウスに潜入。だが
地球へ…22話「暮れる命」感想
テラへは話はもちろんいいキャラクターの宝庫でもある作品なのですが。その中の二人マツカ&トォニィが今回の主役。特にマツカ…とにかくマツカ…っ!!前(感想は書けなかったのですが)のジョミーパパ&ママの決意だけでもかなりぐっときたのに。ああ、ぐっ....
地球へ… 第22話 『暮れる命』
「ジョミーまで殺させはしない―!」前回1位のシーンに納得。 あのシーンのアルテラはよかった…。トォニィが辛い目に遭ってばかりで可哀想すぎる…illi_| ̄|○illi
地球へ… section22「暮れる命」
『木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃、キース暗殺を単独で決意したト
地球へ… section22「暮れる命」
地球へ…の第22話を見ました。section22 暮れる命『これを見よ、ミュウ達よ。ジュピターの大気圏上層に浮かぶ潜在ミュウの強制収容所だ。彼らの命は我が掌中にある。これからこの施設をジュピターの大気圏に落とすといったらどうする?ジョミー・マーキス・シン。彼らはあ..
地球へ… 第22話 「暮れる命」
僕があなたを死なせない――。トォニィとマツカ――二人のミュウは、信じる者のためにぶつかりあう。人質を取られても地球への進行を断行したジョミーのために…。友への涙を隠しても冷たい機械のように戦うしか
地球へ・・・#22「暮れる命」
マツカが・・・・マツカが・・・。不憫だわ戦いなんて大っ嫌い~~~~~!!!マツカは利用している。化け物を利用しているだけ。この戦いが終わったら処分。マツカはモノじゃないぞ!!トォニィの頭の中はキースを殺すことしかなかった。そべては復讐!!!今日のキース..
地球へ・・・ 。。。。 section22 暮れる命
原作どおり キースを暗殺に来た トォニィ対マツカの構図。マンガとは違い、TVアニメ化ですから 色がついているし 動くし それは 見たかったシーンでした。それに、このアニメ化では トォニィとマツカの戦闘を 邪魔した者がいなかったのは 上手い演出でした。(原作では...
今週の地球へ・・・「section22 暮れる命」
とうとうマツカに、サムまでもが・・・。ラスト3回と言う事で、どんどん話が終わりに向けて加速しています。
地球へ・・・#22「暮れる命」感想
マツカ・・・。マツカがいたから閉ざされたキースの心を垣間見る事ができたのに・・・。これからキースの心から漏れ出す心を読み取るのは一体誰・・・?「暮れる命」あらすじは公式からです。木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを..
地球へ… 第22話感想
地球へ… 第22話感想いきます。
アニメ地球へ…section22:暮れる命
アニメ土6枠。発言者:→宵里、→春女です。「ガンダム00のCMばかりして
地球へ… 第22話 「暮れる命」
地球へ…  現時点での評価:3.0~  []  TBS・MBS : 04/07 18:00~  SBS・RCC : 04/14 17:30~  原作 : 竹宮恵子  監督 : 山崎理  メカデザ : 出渕裕  キャラデザ : 結城信輝  2クール  アニメ制作 : 南町奉行所・東京キッズ ...
地球へ… 第22話 「暮れる命」
サムが亡くなっていたorz余命が短いような話はしてましたが・・・サムの死によりいつもより更に厳しく行動するキース。そんなキースの心に触れたマツカは「どうして誰よりも人間らしい心を持ってるのに隠すのか」と問
(アニメ感想) 地球へ… 第22話 「暮れる命」
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃、キース暗殺を単独で決意したトォニィはキ....
TBS「地球(テラ)へ…」第22話:暮れる命
どこまでも“キース命”なマツカ。そんなマツカは、キースと出会い、キースのために命を落とすことになりましたが、それで幸せだったのでしょうか? 哀しいですね。
地球へ… 第22話「暮れる命」
地球へ…全回に引き続き、マードックの普通の人間臭いところから入った今回ですが、後半の収容所を巡るやり取りでのやる気の無さは流石ですね。ヴォグと共に、同僚、部下が収容所送りにされたことを根に持っています。ミュウとの戦いも劣勢にして大詰め、戦いの大儀を持っ..
地球へ… 22話 『暮れる命』
マツカ…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 タイトルからして誰か死ぬとは思っていたのですが…終盤にきてメインキャラが死ぬのはかなり堪えます…(´;ω;`)ウッ… 以下ネタバレです。
地球へ section22「暮れる命」
アルテラの姿を思い出して涙するトォニィ。自分に忠誠を誓った優秀な部下であろうと、ミュウ因子を持っていれば切り捨てるキース。話も佳境に入りましたね。
地球へ・・・ 第22話 「暮れる命」
うっ、うううううううううううううああああああああああああああちょっと原作者出て来おおおおおおおおおおおおおおおいい冒頭から死亡フラグ立ちまくりなマツカなんか認めたくなかったなんでこんなに泣けるんだああああ気づいたらテレビと家の窓壊しそうでした。テレ
「地球へ・・・」第22話
section22「暮れる命」木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃、キース暗殺を単独で決意したトォニィはキース艦『ゼウス』...
地球へ・・・(テラへ・・・) #22 「暮れる命」 (9/8) 感想
「何があなたをそうさせるのですか?。」私にも教えて下さい!!。あらすじはHPより。木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃...
地球へ…☆第22話☆感想
sectuin 22暮れる命実家から戻って原作読み直しましたマツカ~
アニメ「地球へ…」第22話 感想。
第22話「暮れる命」アルテラの死を悲しむトォニィ。一方でキースがジョミー達に、潜在ミュウ達を人質として、脅しをかけていた。恐怖と絶望のうちに、迎えるのは緩慢な死。その会話のやり取りを別の場所で聞いていたトォニィは、キースに激しい怒りと憎しみを覚える。あの野
レビュー・評価:地球へ……/Section22 : 暮れる命
品質評価 50 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 8レビュー数 2 件 木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラ
地球へ section22 : 暮れる命
地球へ…キース暗殺を決意して、「ゼウス」に単独潜入するトォニィ。アルテアの死への悲しみ、そしてキースへの憎悪。何とか、キースの元へたどり着き。トォニィの力に苦しむキースキースやられるのか、と思ったその時マツカがトォニィの前に・・・・・・キースに止めをさそ

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。