FC2ブログ

ロミオ×ジュリエット 第20話「使命~揺るぎなき一歩~」

先週は総集編だったため、2週間ぶりのレビューとなります。
と言う訳で、今回は・・・・・
モンタギューが壊れた!!!

モンタギュー

・・・否、最初から壊れていたのだろうか。
反乱軍により孤立してしまった貴族達。
すると、モンタギューにより、ある提案が・・・。
「反乱軍に協力する市民がいなくなれば良いのであろう?・・・焼き払え。平民街を隅から隅まで焼き払ってしまえ。それで全て終わる、簡単な事だ」
・・・って、終わってるのは、貴方様の思考回路ですゼ( ̄□ ̄;)!!!
いつもモンタギューに言いなりの貴族達だが、流石にその提案に賛同は仕兼ねる様で、起立したのはマキューシオのみ。
うぅむ、完全に恐怖に支配されちまってますな、マッキュン☆

無言の貴族達を前に、ゆらりと立ち上がったモンタギュー。
んん、・・・一体どうしたんだ??・・・と思ったら、間髪入れず轟く、苦悶の叫び声。
見れば、大公の左腕には不気味に光る長剣。
おぉっ、大公はサウスポーだったのか!!
・・・って、ツッコむとこは、そこじゃね~★

即座に斬り殺される議長。
床に広がる多量の鮮血。
んで持って、「議長は急死された」って、いやいや、お前がプッチ殺したんだろ~が!!!
今回のモンタギューは、ツッコみどころが満載だ♪
眼前の惨劇にて、仕方なく賛同の意を示す貴族達。
あぁ、何て情けない奴らだ・・・。
とは言え、誰だって自分の命は惜しいですからね。
我が命に勝るもの無し!!・・・ってね(´д`;)

「大公の座を退いて下さい!!」
ロミオが必死に訴えるも、モンタギューが、んな事受け入れる訳ゃ~無い。
が、「ついて来るが良い。この世界の真実を見せてやろう」と返すモンタギュー。
おぉう、ついにエスカラスの謎に迫る時が来た・・・??!

突如大崩壊を始めるエスカラス。
庭師のオフィーリアさんも消え・・・??・・・と思ったら、ジュリエットの前に出現!!
グリーンに光る胸元の不思議な痣。
苦痛に喘ぐジュリエット。
そして、オフィーリアは語る。
「女神の頬、濡れる時、選ばれし汝、紅き産毛(?)を持って、拭うべし。エスカラスの躍動が、終わろうとしている」
“空に浮かぶ大陸、ネオ・ヴェローナ。古の時より、大地は双子の大樹によって、支えられていた。大樹の生み出す恩恵の力、大地を潤わせ、花を咲かし、調和を齎した。だが人間と言う強欲な生き物は、大きな罪を犯した。永劫に受け継ぐべき大樹の1つを、朽ち果てさせた。世界を支える、唯1つの存在、エスカラス・・・滅ぶ事は許されん”


・・・で、ラスト。
いきなりオフィーリアのヴォイストーンが落ち、「罪を浄化し、命の胎動を宿す運命を負いし者よ、大地の調和のため、その身を捧げよ。その身体に植えられし、エスカラスの種を芽吹かせ、挿し木となりて、世界を、救え・・・」
って、何なの、この超展開はっっ!!!
オフィーリアの手は、枯れたエスカラスそのもの。
即ち、彼女はエスカラスが人の形に具現化したものと判断して良いのだろう。
そして、世界を救済せんがために、ジュリエットに犠牲になれと訴え掛けている・・・??!
うぉ~う、やはりロミジュリの恋は成り立たぬと見るべきか??
否、エスカラスとなったジュリエット、そして耐え難き喪失感に、自らも後を追いしロミオ。
エスカラスの復活により世界は救われた。
その新しき世界を、世界樹となったロミジュリが見護る。
差し当たり、新世界の大公はティボルトとか・・・???
な~んてな。
いやぁ~、まさかね・・・(´▽`;)

▽第4話~第6話までを収録、大人気ロマンチックアニメ『ロミオ×ジュリエット』のDVD第2弾が登場!!
■ロミオ×ジュリエット -2- 8/24発売
ロミオ×ジュリエット -2-


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

ロミオ×ジュリエット 第19話「継承~我こそは~」

赤い旋風、再び現る!!
今回は、あまり時間が無いので、短めに行きます☆

赤い旋風

マンチュアにて開かれたウィリアムの芝居。
白き希望の騎士、その代わりに登場したのは今となっては懐かしき、赤い旋風に扮したジュリエットでした。
いやぁ、EDであれだけ赤い旋風の衣装が強調されている以上、近々復活するとは思っていましたけどね。
しかしながら、まさか、こういったタイミングで再生されるとは、思ってもみませんでしたよ~。
予想以上の策略家じゃん、ジュリエット(≧▽≦)ノ

「運命が支配する空の下であろうとも、人が自由に力を働かせる余地は残っている。手にしたこの剣は、人を斬るためのものではない。この剣は希望。希望を手に、新しいネオ・ヴェローナを切り開く!!」
「ネオ・ヴェローナに希望の風を!志ある者は、私の後に続け!!」

観衆の眼前にて、誇り高く呼び掛ける赤い旋風のカリスマ度数は、最早他のどんな者でも及びはすまい。
こうして、マンチュアの民衆は、その大多数がキャピュレット陣に属する事と相成ったのでした。

ところで、キュリオの右目は、ジュリエットの無謀な行動により生じたものだった様で・・・。
その時の事が悔しくて、それから“仮面”を付ける様になった。
そして、『赤い旋風』が生まれた・・・。
“もう誰にも辛い思いをさせたくない”
そう強く心に誓ったジュリエットの、揺ぎ無き様相は、見るからに頼もしく感じたり♪

ラスト、砦を制したキャピュレット陣の先頭に立つは、赤い旋風となったジュリエット。
「ネオ・ヴェローナを治めるのは大公ではない。市民だ!!!」
・・・って、やはり最終的に目指すは民主国家でしたか★
レボリューションストーリーとしては、有り触れた結末となってしまいそうなものの、否、この作品のメインは、飽くまでもロミジュリの恋の行方なのであろうと思考を再改めしつつ。
赤い旋風の正体がジュリエットだと知った民衆は歓声の雄叫びを上げ、そして、その様子を居城から見据えるモンタギューの憤怒は今まで以上、更に激しさを増して襲い掛かって来そうな予感。
それにしても、眉間の皴が怖過ぎるゼ、モンタギュー・・・(´▽`;)

▽第4話~第6話までを収録、大人気ロマンチックアニメ『ロミオ×ジュリエット』のDVD第2弾が登場!!
■ロミオ×ジュリエット -2- 8/24発売
ロミオ×ジュリエット -2-


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

ロミオ×ジュリエット 第18話「志~それぞれの胸に~」

今回、密かに語られたフランシスコの心の内。
結局、ジュリエットは誰からも愛されてるって訳ですかい。
羨まし過ぎるゼ!!

フランシスコ

フランシスコにとって、ジュリエットは唯一の希望。
彼の夢は、ジュリエットの築く新しいネオ・ヴェローナをその目で見る事。
ジュリエットの幸せはネオ・ヴエローナの再建抜きには有り得ない。
そのためには、“自分はどんな犠牲も厭わない、この命すら惜しくは無い”と語るフランシスコ。
それこそが、彼の愛の形。
そう、フランシスコは、ただジュリエットの力となるべく傍に居る訳ではない。
彼は彼の全身全霊を持って、陰ながらジュリエットを、とても深く愛しているのだ。
女遊び、そしてキュリオへの焚き付け。
それは、自身の想いを隠すためのカムフラージュでした。
うぅっ、ロミオどころかキュリオ、フランシスコにまで想われてるジュリエットってば、何たる幸せ者(≧▽≦)!!

そう言えば、もう1人のイケメン・ティボルトとの関係は、あれ以来どうなったんでしょう。
モンタギューを憎むティボルト。
そして、モンタギューへの憎しみはもう無い、と語るジュリエット。
意見の食い違った2人は、異なる道を行くしかない。
あぁ~、これにてティボルトが見納め・・・だな~んて事だけにはなって欲しくないっす。
個人的には、ロミオより大好きなんで♪
だって、どことなく影のある男性って、めっさ素敵じゃん??!

新しい村造りに励むロミオ達。
その村の名は、“エルベ”
囚人どころか、役人達も一体となって働く様子は、見ていて微笑ましい限り。
んで持って、再び登場の、謎めいたお爺ちゃん。
彼から授かったのは、寒さにも乾きにも耐え、痩せた土地にも豊かな実りを齎すであろう植物の種
って、何て都合良過ぎな種Σ(゚Д゚;)?!
そんな希少な一品を無償で譲ってくれるあなた様は、一体何者でおじゃるか??!
いや、しかしながらそのパンピーな風貌から判断するに、普通の人間っぽい気がしないでもないけど、うぅむ、人は見た目が全てじゃないからなぁ~。
今の段階では、まだ何とも言えないか・・・。

ウィリアムの描く純愛物語。
それは、間違いなくロミジュリを詠いし物語。
芝居は人の心を動かす。
多くの人々の心をひと時だけ・・・。
よって、扱いによっては、とても危険な武器にも成り得る。
それをマンチュアで演じるは、モンタギューと戦う同志を集わんがため。
ふむ、やっぱウィリアムって頭良いよね~。
後は、その御釜言葉さえ、何とかしてくれれば・・・。

ラスト、ついに初開演日の午後。
エルベにて、久々の再会を果たしたロミジュリは、熱烈なるキッス!!!
くっそ~、見せ付けてくれるじゃん☆

来週はジュリエット達の芝居によって、マンチュアの人々の心がどう動くか、そこら辺が見所となりそうですね!!

▽第4話~第6話までを収録、大人気ロマンチックアニメ『ロミオ×ジュリエット』のDVD第2弾が登場!!
■ロミオ×ジュリエット -2- 8/24発売
ロミオ×ジュリエット -2-


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

ロミオ×ジュリエット 第17話「暴君~漆黒の因縁~」

今回は、予てからジュリエットの存在を知る謎に満ちた青年・ティボルトの正体が明らかにされ、その新事実にマジビックリ!!

ティボルト

嘗てキャピュレット陣を危機的状況に陥れた張本人・カミロ。
彼の屋敷には、何とティボルトの姿も・・・!!!
「こそこそと動き回りやがって」
そう言い、カミロの頸部にナイフを突き付けるティボルト。
すると、カミロは、「お、お前、仮にも親の私を殺す気かぁ~!!」・・・って、はぁ(゚Д゚;)?!
今、“親”って言った・・・??
いや、しかし“仮にも”・・・って??!

ティボルトの母親は、キャピュレット一族の人間でした。
そして父親は、何とモンタギュー!!!・・・って、マジぃΣ( ̄□ ̄;)??!
モンタギューはティボルトの母に近づき、そして、捨てた。
その後、ロミオの母親と結婚したのだと言う・・・。
つ~事は、だ。
ティボルトとロミオは異母兄弟って事かいっっ(*´Д`)ノ

ティボルトを出産後、直ぐに亡くなった母親。
そして、現大公・モンタギューは実子・ティボルトの存在を認識してはいないらしい・・・。
自分の母を利用したモンタギュー。
そしてキャピュレット一族を皆殺しにしたモンタギュー。
ティボルトのモンタギューに対する怒りは、“親の敵”に起因するものだった様です。

大公に、“息子のマキューシオを、お前の養子にしてやってくれないか”と持ち掛けるタイタス。
モンタギューの素性を知る者は、今まで皆、タイタスが始末して来たらしい。
その話を耳にしたモンタギューは、怒り狂う鬼人の如き形相!!!
あぁ・・・、タイタス&マキューシオ親子・・・彼等の野望は、無惨にもここに潰えたりぃ★

モンタギューの本当の母親は、娼婦であった。
瀕死の母親から、己の実父がキャピュレット家の貴族である事を聞かされた幼き時分のモンタギュー。
「本当なら、あたしもあんたも貴族の街で楽に暮らせる・・・はず・・・だったんだ・・・よ・・・」
そのまま息を引き取った哀れ極まる母親の死に様は、モンタギューに、キャピュレット家への深き憎悪を駆り立たせた。

タイタスと剣を交わすモンタギュー。
その瞳は憤怒の炎に満ち満ちており、ついにはタイタスの身体を貫いた!!!
飛び散る血飛沫。
モンタギューの怒りに圧倒されたマキューシオは、ただただ父の死に逝く様を傍観するばかり・・・。
「覚えておけ。お前に野心があるならば、世の中を突き動かすのは、恐怖と憎しみだ・・・!!!」
そう語るモンタギューの内には、人間らしき心など、微塵すら感じられない。
鬼神にも勝る恐ろしき存在・モンタギュー。
憎しみに支配された大公の統べる国に、幸せに満ち溢れた未来など、訪れるべくもない・・・。

母親に起因する、憎しみの連鎖。
それはモンタギューとティボルト、共通の感情。
そう言った意味では、彼等は親子以上に親子と言えなくもない。
でも、それって、めっさ悲しいよね・・・。
後にネオ・ヴェローナの大公にティボルトが収まる可能性もあり・・・??!
な~んて思ったけど、ティボルトの統べるネオ・ヴェローナは、現ネオ・ヴェローナと何ら変わり無い道を歩みそうだわ~ん・・・(´д`)

しかしジュリエット、“息子であるロミオを愛してるから、モンタギューに対する憎しみは無い”・・・って、何でやね~ん!!!
そりゃあ、憎しみにて世は変えられんとは思うけど、それは、ちょっとお気楽過ぎるんじゃ~ん??!
つ~か、良い子振り過ぎて見えちまうところがミソ☆
否、それぐらい寛容な心の持ち主でなければ、ロミオと共に新しい国を一から起こそうだなんて、ずぇ~ったいに思えないかなっっ( ̄∇ ̄;)

▽第4話~第6話までを収録、大人気ロマンチックアニメ『ロミオ×ジュリエット』のDVD第2弾が登場!!
■ロミオ×ジュリエット -2- 8/24発売
ロミオ×ジュリエット -2-


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

Template Designed by DW99