スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO 2nd 第19話「イノベイターの影」

アバンにて、絶対にマリナを庇ってシーリンが撃たれる~!!
・・・っと思っていたのに、その危機はなんなく回避され・・・。
くそ~、こんな顛末を一週間も引っ張りやがるとは、何とも小憎らしい~★
しかし、飽くまで拳銃を手に取ろうとしないマリナには、少々イラッとしてしまいました。
結局、他人から守られてるだけの“お姫様”って事かいな~。

ヴェーダの予測によれば、刹那の細胞異常は致死レベルにまで達しているとか。
そんな状況を補う事の出来るツインドライヴの性能とは、果たして・・・??!
しかも、“変革”って、刹那自身が何かへと変わろうとしているって事かい[´゚Д゚`]?
「兵器でも破壊者でもなく、オレとガンダムは、変わる・・・!!」

ツインドライヴのGN粒子を介し、又しても周囲の皆さんがニュータイプ化。
そして、戦場で再会した沙慈とルイスは、幻影ランデブーへと出立!!
そこは、蒼く美しい地球を眼下に見渡す事の出来る、宇宙ステーション内のロビー・・・。
「何もかも穏やかだった、あの日常へ戻ろう」と語りかける沙慈。
だが、当然ながら、ルイスの答えは“NO”で・・・。

沙慈に向かって拳銃を突き付けるルイスに、嘗ての愛らしい面影は、微塵も感じられなかった。
そこには、強き信念が存在する。
統一された世界による、恒久和平の実現。
そして、世界を乱し、自身の両親の仇であるCBを討ち滅ぼさんがため・・・!!

銃を向けられ、それでもルイスを温かく包み込む様に抱き締める沙慈。
以前の彼からは、想像も出来ないくらいの男らしさには、ちょっぴり、うっとりしてしまったぞ~い|ョ・ω・`*)

セルゲイへの因縁から、激しくぶつかり合うソーマとアンドレイ。
だが、それも沙慈の「止めろ~~~っ!!!」と言う絶叫により制止される。
「何も変わらない。仇を討っても、誰も生き返ったりしない。悲しみが増えるだけだ。こんな事してたら、皆どんどんおかしくなって・・・何処にも行けなくなる・・・。未来にすら、進めずに・・・」

CBの捕虜となった、イノベイターのリヴァイヴ・リバイバル大尉。
その顔はアニューにそっくりさんで、驚きのあまり、ハッと見上げるロックオン。

だが、その頃、操舵室のアニュー・リターナー自身もイノベイターの本性に目覚めていた!!
そして、種族特有の光る瞳で、何の躊躇いも無くラッセに銃を向け、ズドン!!って、お~い・・・。
また撃たれたかどうかで一週間引っ張るのかよ~(汗)

ED後、やはりリボンズはリジェネの策略に気付いていた様で。
んで、彼の頬を、眼鏡が吹っ飛ぶ程に強烈ビンタ!!
めっさ、痛そうや・・・。

一方、CBにヴェーダの位置情報を密告しようとしていた留美の艦は、突如制御不能に。
何とそれは、嘗ては仲間であったはずの、ネーナ・トリニティの仕業で・・・。
ついに小悪魔っぷりが炸裂した彼女は、その艦をやりたい放題に爆撃!!
留美の悪運(?)も、ここに尽きたか・・・。
でも、今まで上から目線で、好きな様にやって来たんだから、もう十分っしょ☆
「何でも持ってるクセに、もっともっと欲しがって、そのくせ、中身は空っぽ。あたしね、そんなあんたが、ずぅ~っと嫌いだったの。だからさぁ、死んじゃえば良いよ!!」
・・・って、あぁ~、その気持ち、すっごく良く分かるわぁ~(*´Д`)

さて、来週はついにアニューとロックオンの関係がクローズアップされるみたいやね。
2人共、結構好きなキャラクターなんで、すっごく楽しみですっ!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第18話「交錯する想い」

今回はCBにアロウズ、各々に属す面々の、内情の描かれたお話でした。
前回が“動”とすれば、今回は“静”
単なるアクションのみでなく、登場キャラの心情も丁寧に盛り込まれた作品である事に、今更ながら感動・・・。

何と、アフリカタワーが4ヵ月で復興したってぇ??!
そんな簡単に再築出来るのもんだったんかいな、あのタワーは・・・(汗)

マネキン大佐が消息不明~??!
やはり、あのアロウズの非道なやり方には賛同出来なかったんでしょうね。
彼女がスメラギと組んでくれれば、もう怖いもの無しって感じなんですけど・・・。

あれっ、マリーが戦闘に参加してるっ??!
・・・と思ったら、セルゲイとの決別を眼前にしたお陰で、すっかり元のソーマ・ピーリスに戻ってしまった様で・・・。
これからのアレルヤの心労が、思いやられますなぁ┌┤´д`├┘ハァ~
しかし、マリーの悔しさに満ち満ちた感情も理解出来るから、何とも複雑な気分ですわい。
「殺したと言うの・・・肉親を・・・実の父親を・・・」
「私が欲しくても手に入れられないもの・・・何故、そう簡単に捨てられるの!!」


リボンズと留美の関係は、ますます悪化の一途を辿っているみたいですね。
こいつ等が仲間でいる意味って、一体・・・。
それにしても、「君の美貌が時と共に劣化して行く様に・・・」には、素直に笑えてしまったぜよ~。
留美ってば、相当カチンと来ていたでしょうね~(゚∀゚;)

父親殺しの男家族の仇を討とうとする女
アンドレイとルイスの関係は、何とも微妙な感じっす。
今回は思いがけず、“ハグ”まで行ったんで「おっ!」とも思ったんですが、まだまだ道程は遠い様です。
ってか、元々ルイスは沙慈の事しか想って(?)ないんですけどね~。
「出来るだろうか、私に・・・。彼を・・・沙慈を討つ事が・・・!!」

一方、こちらは大いに進展が。
あんた等、いつの間にぃ~!!・・・って感じかにゃ(o´д`o)
一応、2人とも服は着ていたけど(汗)、仲良く一緒に横たわるライルとアニュー。
んで以て、キッスの途中でイノベーターの力を発揮してしまうアニューっち★
ライルはその事に感づいてはいない様でしたが、何かしら彼女の事を疑っているっぽい、寂し気な目付き・・・。

ED後は、子供を庇い、銃で撃たれてしまったマリナ!!
・・・と言うのはジョークでぇ、多分シーリンが撃たれてる気がする~(涙)

そして、リジェネからヴェーダの情報を受け取っていた留美。
ふふふ・・・、ついに仲間でありながらリボンズに敵意を持った奴等が手を組んだか・・・。
やはリボンズみたく、自己崇拝極まるワンマン野郎では駄目だと言う事ですかな。
しかしながら、実は彼等の行動も全てリボンズの手の内の事だったりして~ΣΣ(・ω´・lll)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第17話「散りゆく光の中で」

今回は本当に息を呑む展開でした。
もう、良い意味で目が釘付け状態。
だから私は、いい歳こいて“オタ”と呼ばれど、アニメを見るのを止められない。
だって、勿体無いじゃないですか。
これ程の『衝撃的な感動』を与えてくれる作品を知らずに生きて行くなんて・・・!!

アバンはセルゲイとアンドレイの“母絡み”に関するお話が描かれました。
嘗てセルゲイは軍規を守り、母を見殺しにしていた。
これが、現在の父子の確執を生み出す原因となってしまった様で・・・。
まぁ、セルゲイは軍人としては優秀な男だったと言う事でしょうか。

“人ならざる者が人より寿命をもって人類を滅亡から救う。
そして、来るべき対話に・・・”

それを実現し得るのはイノベーターのみ。
だがリボンズは、自分が他イノベーターの創造主である事を強く主張する。
こいつ、どこまで昇って行く気なんだか・・・。
ワンマン主義にも程があるってばよ~。

【メメント・モリ】・・・人類は“死を想い”、平和の尊さを考えねばならない---。

事実を知った約6万もの市民等は、最早反連邦勢力に等しき存在。
ダブルオーライザーの活躍も虚しく、軌道エレベーターに照射されてしまった“天の光”
てか、そんな長~いビームサーベルってありぃ~━━Σ(-`Д´-;)━━??!
状況に相応しくはないが、思わず吹き出してしまったぞぃ★
んで以て、ブリングのそっくりさん、逝くの早過ぎ~~~っ!!

ピラーの外壁をパージさせながら崩れ行く軌道エレベーター。
そして、成層圏から下部分の破片が地上の人口密集区域へと落下して行き・・・!!
この際の描写は、もう“圧巻”としか言い様がありませんでした。
最先端のアニメ技術(?)に、めっさ感動~☆

有視界通信で全ての兵士等に破片の破壊を嘆願するスメラギ。
すると、マリー含むCB陣のみならず、カタロンにクーデター派、果ては正規軍までもが破片の粉砕に加わり・・・!!

「こんな状況で、全てが1つに纏まって行く・・・」
否、こんな状況だからこそ、皆が1つに纏まって行くのだ。
これは、人が人であるがためのギリギリのラインに相違無い。
皮肉ではあるが、ある種の感動を覚えてしまった事は、確かかも・・・。

後程駆け付けたアロウズも、流石に今回ばかりは、破片の破壊に参戦。
だが、アンドレイが反乱の首謀者であるハーキュリーを発見してしまった事から、スミルノフ父子関係が最悪の結末へと向かってしまい・・・。

事後、一瞬にしてMSごと撃ち抜かれてしまったハーキュリー。
まぁ、彼の死は予想の範疇内だから良かったものの(いや、良くはないけど・・・)、まさか、セルゲイまでもが・・・!!
いつか来るのではないかと恐れていたその瞬間が、遂に・・・。

セルゲイを反乱分子と勘違いしてしまったアンドレイ。
そして、父の静止をも聞き入れず、猛攻を繰り返したその息子は・・・・・
「母さんの、仇ぃぃぃ~~~!!!」

アンドレイによりコクピット付近を貫かれてしまったセルゲイは、血塗れの状態で語る。
「すまなかった・・・。心を閉ざしたお前に、どう接すれば良いか、努力を怠っていた・・・」
「ホリー・・・すまない・・・」

直後、セルゲイはMSごと爆死
なのに、息子のアンドレイは全く悲しんでいなかった(よね?)のが、何とも心痛かったです・・・。
セルゲイの養子となるかもしれなかった、悲しみのマリーとの差異が、尚一層、心に沁みたり・・・(´;ω;`)

さて、次回は今回の事故から4ヶ月もたった後のお話みたいやけど・・・。
何か、新しい展開が見られそうですねっ!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第16話「悲劇への序章」

アフリカタワー低軌道ステーションを占拠したハーキュリー大佐を筆頭とする反連邦組織。
彼等の目的はただ1つ。
連邦政府直轄の部隊・アロウズの蛮行を世に知らしめ、その是非を世論に問う事である。

本来、許され得るはずもない大量虐殺
その事実を、情報統制により、直隠しにしている連邦組織陣。
それは“独裁”と言う社会構造以外の何物でもない。

過去、セルゲイ&ハーキュリーと共にいるショートの女性は、セルゲイの奥さんだった人ですかね~。
綺麗な人で、名は“ホリー”と言うらしいけど・・・。
そう言えば、セルゲイの息子・アンドレイとハーキュリー大佐は顔見知りだったんですね~。
嘗ての知り合いを討たねばならないこの状況、スミルノフ親子共に、何とも複雑な心境に違いない・・・。

極秘任務でステーションにやって来たセルゲイ大佐。
アロウズと言う組織を台頭させたのは市民の愚かさである。
だから、彼らには目覚めてもらわねばならない。
例え“痛み”を伴う事になっても・・・。
そう主張するハーキュリーとセルゲイの対談は決裂、だが、セルゲイはそのままステーションに留まる事を決意していたのでした。

アロウズのMS部隊から射出されたオートマトンは、ステーション内の人々の命を、いとも簡単にに奪い去って行った。
人質の事等、まるで考えてもいないであろう“キルモード”での投入は、“酷”としか言い様がない。

アロウズの悪行を実際に目撃させる事により、市民等を目覚めさせるため、喜んで“捨て石”となる覚悟のハーキュリー。
だが、連邦の公式発表による映像には、反連邦組織の面々が次々と人質の命を奪っているものに摩り替えられていて・・・。
う~ん、彼等にも“黒の騎士団”の如く、電波ジャックの為せる技があれば、こんな事には・・・┌┤´д`├┘ハァ…

次々とステーションを離脱させられる約6万もの市民達。
彼等が目の当たりにした惨殺行為は、その記憶を以て世論を動かす原動力となる
・・・・・はずだった・・・。

クーデターを予測しながらも、そのまま見守っていたイノベーター陣。
ラストシーンでは、遂にその真意が明らかにされる。
宇宙には何と、もう1機のメメントモリが存在していた!!
あぁ~、折角あんなに苦労して破壊したのに、まだ在ったなんてよ~┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ
しかも、サブタイが「悲劇への序章」だからな~。
もう、嫌な予感しかしませんなっ★

来週は、映像面でも精神面でも、怒涛且つ衝撃的な展開となりそうですね~(汗)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

“リボルテック 北斗の拳レボリューション”ラオウ/北斗の拳【海洋堂】≪アクションフィギュア≫

大人気シリーズ“リボルテック 北斗の拳レボリューション”より北斗の長兄・ラオウが堂々の登場です!!

“リボルテック”ラオウ【海洋堂】

【メーカー】海洋堂
【発売日】09年02月01日
【シリーズ名】リボルテック 北斗の拳レボリューション
【原作名】北斗の拳
【コピーライト】(C)1983 Buronson & Tetsuo Hara/NSP Approved No.KA-334
【造形師】松浦健
◇全高約160mm
◇可動部位全20箇所
◇兜付属
◇オプションハンド×4
◇ディスプレイベース付属

≪解説≫
第1シーズンの最後を飾る北斗長兄ラオウ登場!!
14個のリボルバージョイントでその巨体を安定して保持。
剛の拳の象徴「北斗剛掌波」のポーズも可能!!
金色に輝く兜が付属!
ジョイント使用数 全14個
10mmジョイント×2
8mmダブルジョイント×2
8mmジョイント×3
6mmジョイント×7

▽あみあみ
リボルテック 北斗の拳レボリューション No.007 ラオウ《予約商品02月発売》
▽Amazon
リボルテック ラオウ 北斗の拳REVOLUTION Series No. 007
リボルテック ラオウ 北斗の拳REVOLUTION Series No. 007

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

機動戦士ガンダムOO 2nd 第15話「反抗の凱歌」

あれっ、紅髪のブリングさん、まだ生きてるやん!!
・・・と思ったら、彼はブリングではなかった様で・・・。
まぁ、確かに髪形は違うけどね。
イノベーターって本当にややこしい~(´ー`A;) アセアセ

マリナ作曲の歌は刹那のみならず、その周囲にいた全ての人達に届いていた。
ダブルオーライザーのGN粒子を介すと、皆がニュータイプになってしまうみたいですね~。
一体、どんな意味があるんだか・・・。
もしかして、意識を分かち合うイノベーター陣と掛けてるのかな~??!

カタロンの秘密基地に着陸した刹那。
え・・・何で・・・と思ったら、刹那ってば、拳銃で撃たれていたんですよね~。
すっかり忘れていたぞ~ぃ(汗)

アロウズの手出し出来ない場所、軌道エレベーター
そこを占拠すれば、いくらアロウズとは言え、反政府側の要求を呑まざるを得ない。
そう語るは、嘗てセルゲイの戦友であったハーキュリーさん。
うぅむ、あの卑劣極まる集団を前に、その道理が通じるのかどうかは、何とも言えないが・・・。

目が覚めた刹那は、マリナとラブラブシーン・・・。
子供達にまで気を使わせ、なかなかやるじゃないの~(*・ω・*)ポッ
互いの過去を語り合う2人。
やっぱ、刹那とツヴァるのはマリナって事で間違いないんでしょうね~。

総数36機(!)の総力戦で攻めて来たアロウズ。
その中には新型モビルアーマー、そして、以前はソーマもといマリーの愛機であったはずのルイス搭乗MS。
ロックオンの先制攻撃により、だいぶ数は減ったものの、やはり苦戦を強いられてしまうCB陣。
アレルヤとティエリアは新型MAの電撃に絡め取られ、戦闘不能の大ピンチ★
残っているのはトレミーの格納庫に眠るガンアーチャーのみ。
おぉ、ガンアーチャーはマリーが操縦する事になるのか??!
と思いきや、その件は次週まで保留・・・かにゃ。
それにしても、ルイスの瞳がイノベーターみたく輝いていたのが、非常に気になるんですけど~・・・。

ラストは突然、手の平を返したかの如く撤退を決め込むアロウズ。
それは、軌道エレベーターの占拠に成功したハーキュリーさんのお陰だった様で・・・。
思わぬ方々に助けられちゃったね、アレルヤ達・・・☆☆☆

EDは新曲、“trust you”。
ガンダム含むMSが、えらく錆び付きor苔むしてる様だけど、これは戦争後の世界・・・??!
早く皆が平和に暮らせる世の中になると良いんですけどね~。

さて、ED後は久々にブシドー現る!!
本当に邪魔な時に出現しやがって・・・、と言う感じがしなくもないのですが(汗)、彼の活躍はとても久し振りなんで、まぁまぁ期待しちゃいますけどっ♪
ビリー作、驚きのトランザム可能なフラッグ系MS
一体、どれ程の強さを秘めているんでしょうかね~(´・`艸´・`)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。